連載
» 2008年03月03日 10時08分 UPDATE

新作DVD情報:エロカッコ良いヒロインに注目!――「プラネット・テラー」

ヒロインがゾンビを撃って、撃って、撃ちまくる!ロバート・ロドリゲス監督が往年のB級映画を最新技術で再現!

[本山由樹子,ITmedia]

プラネット・テラー プレミアム・エディション

photo

 クエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフ」と対をなす2本立て風映画の第2弾、ロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー」が3月21日に2枚組のプレミアム・エディションとしてDVDリリースされる。

 特典はロドリゲス監督によるオーディオ・コメンタリー、日本版劇場予告篇、TVスポット、インターナショナル版予告篇、スタッフとキャストのプロフィール、グラインドハウスについて、ロドリゲスによる10分間フィルムメーキング講座、バッド・アスな女性たち、男性キャストについて、レベル・ロドリゲスのキャスティング、壮絶スタントの舞台裏、味のある脇役キャラの説明などを収録している。

 なお、「デス・プルーフ」と「プラネット・テラー」をセットにした「グラインドハウス コンプリートBOX(初回限定生産)」(9975円)も同日にリリース。

 物語はテキサスの田舎町にある軍事基地から始まる。軍が違法の生物化学兵器を開発しているが、破壊された装置から有毒ガスが漏れ出す。やがて近隣の人々が感染し、ゾンビと化す。

 ヒロインはダンサーのチェリー。雇い主とぶつかって店を飛び出したところ、元カレと偶然出会う。再会した2人は良いムードでドライブへ……というところで、ゾンビに襲われて、チェリーは片足を食べられてしまう。チェリーが運ばれた病院には、あちこち食べられた人たちが運び込まれ、大混乱に!

 一番の見どころは、なんといってもヒロインのゾンビ退治シーン。失った右足をマシンガンにかえてゾンビを撃って、撃って、撃ちまくる。この義足の特撮が素晴らしく、とても合成とは思えない出来栄え。ゾンビたちに向って回し蹴りそして乱射、吹っ飛ぶゾンビたち。ヒロインは恍惚の表情を浮かべる。吹っ切れた女は美しく、強く、カッコイイのだ。演じるローズ・マッゴーワン嬢のエロカッコ良さにシビれる!

 わざと入れたフィルムの傷やノイズ、極めつけはラブシーンの真っ最中に「リール喪失」のテロップを出し、肝心のところはすっ飛ばすという、ロドリゲスの遊び心とアイデアとおふざけが全編に渡って爆発!

 ドロドロのゾンビメイクなど悪趣味エログロてんこ盛り。血みどろの残酷描写もかなりあるので、これを笑い飛ばせる方、アナーキーなゾンビ・ホラーの傑作なので必見です!

関連サイト:http://www.grindhousemovie.jp/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

ALWAYS 続・三丁目の夕日 通常版
発売日 2008年3月21日
価格 3990円
発売元 ブロードメディア・スタジオ
販売元 ジェネオン エンタテインメント
スタッフ 監督・製作・脚本・撮影・編集・音楽:ロバート・ロドリゲス
出演 ローズ・マッゴーワン/ブルース・ウィリス/フレディ・ロドリゲス/ジョシュ・ブローリン
上映時間 105分(本編)
製作年度 2007年
画面サイズ ビスタサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層/2枚組
音声 (1)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語 (2)DTS/5.1chサラウンド/英語 (3) ドルビーデジタル/5.1ch/日本語 (4)オーディオ・コメンタリー
特典 日本版劇場予告篇&TVスポット集/インターナショナル版予告篇/スタッフ・キャスト プロフィール/グラインドハウスとは?/ロドリゲスによる10分間フィルムメーキング講座/バッド・アスな女性たち/男性キャストについて/レベル・ロドリゲスのキャスティング/壮絶スタントの舞台裏/味のある脇役キャラの説明

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう