ニュース
» 2008年03月05日 16時10分 UPDATE

東芝、gigashot専用DVDライター「GSC-DW1」

東芝がビデオカメラ「gigashot A/K」専用のDVDライター「GSC-DW1」を発売。

[ITmedia]
photo 「GSC-DW1」

 東芝は3月5日、デジタルビデオカメラ「gigashot A/Kシリーズ」で利用可能なDVDライター「GSC-DW1」を3月17日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万9800円。

 本製品とgigashot A/Kシリーズを接続するだけで、PCレスのDVD作製が行える。対応メディアはDVD-R(片面1層)のみで、gigashotのハイビジョン最高画質モード(XQモード)でも1枚あたり約30分の記録が行える(gigashot KシリーズのSHQモード時は約35分)。SPモードならば約50分の記録が行える。

 ディスクにはgigashotで録画したファイル形式(MPEG-4 AVC/H.264)がそのままで書き込まれる。そのため、同社では作製したディスクについて、本製品ならびにgigashotに付属するアプリケーションをインストールしたPCで再生可能としている。なお、本製品は作製したディスクの再生のみをサポートしており、市販DVDビデオなどの再生は行えない。

photophoto

 gigashotに接続するUSBのほか、テレビ接続用のHDMI、コンポーネント/コンポジット端子を用意。HDMIについては1.5メートルのケーブルも同梱される。本体サイズは238(幅)×61(高さ)×167(奥行き)ミリ、約1050グラム(本体のみ)。

関連キーワード

gigashot | 東芝 | デジタルビデオカメラ | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう