ニュース
» 2008年03月07日 17時16分 UPDATE

パイオニア、プラズマパネル生産から撤退

パイオニアはプラズマパネルの自社生産から撤退すると発表した。次期新製品に搭載するパネルを最後に、他社からの調達に切り替える。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 パイオニアは3月7日、プラズマパネルの自社生産から撤退することを発表した。次期新製品に搭載するパネルを最後に自社生産を終了し、外部調達に切り替える。「ディスプレイはホームAVの中核商品として継続する。しかし、想定される販売数でコスト競争力を維持するのは難しいと判断した」(須藤民彦社長)。

photo パイオニアの須藤民彦社長

 パネル調達先として松下電器産業と交渉を進めていることも明らかにした。「クオリティが近いものを作ってもらうため、松下とはパイオニアの技術を盛り込むことも含めて協議している」。

 「KURO」ブランドを中心としたマーケティングは継続する。今後はプラズマにくわえ、昨年末に発表したシャープとの資本・業務提携で投入する液晶テレビでも、「KUROシリーズの思想を受け継ぐ液晶テレビを両社の技術者が一緒に開発する計画を進めている」という。プラズマと液晶の棲み分けについては「50V型以上はプラズマ、それ以下は液晶と漠然と考えている」(須藤社長)。なお、シャープパネルを使用したパイオニア製の液晶テレビは、2008年の秋に欧州を皮切りに市場に投入し、順次拡大する方針だ。

photo

 パネル生産から撤退し、ディスプレイ事業をスリム化する一方、同社はリソースをカーエレクトロニクス事業やDJ機器を扱うプロSV事業、Blu-ray Disc事業などに振り分ける。このうちBlu-ray Discに関しては、自社開発をプレーヤーに絞り込み、レコーダーは他社との共同開発やアウトソーシングを進めるという。またシャープとはDVDプレーヤーやDVDレコーダーなど既存製品の相互供給にくわえ、Blu-ray Discプレーヤーや部材の共同開発を進め、両社が持つ垂直統合ビジネスモデルを強化する。

関連キーワード

KURO | パイオニア | プラズマ | CES


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう