ニュース
» 2008年03月13日 19時55分 UPDATE

ローランド、24bit/96kHz録音対応のリニアPCMレコーダー

ローランドがポータブルレコーダー“EDIROL”「R-09HR」を発売。コンパクトボディながらも、24bit/96kHzのリニアPCM録音に対応する。

[ITmedia]
photo “EDIROL”「R-09HR」

 ローランドは3月13日、ポータブルレコーダー“EDIROL”「R-09HR」を3月28日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

 新製品は既存製品「R-09」の上位モデルで、新たに24bit/96kHzのリニアPCM録音(WAV)へ対応するとともに、独自アナログ回路「IARC」によって残留ノイズレベルを10dB低減するなど、高音質化を進めた。

 録音メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)で、フォーマットはWAVのほかMP3も選択可能。WAVについては24bit/96kHzのほか、24bit/88.2kHz、24bit/48kHz、24bit/44.1kHz、16bit/96kHz、16bit/88.2kHz、16bit/48kHz、16bit/44.1kHzが選択できる。

 本体上部にステレオマイクを搭載するほか、マイク入力端子とライン入力端子も用意されている。なお、マイクとラインの入力端子は同時利用できず、ライン入力が優先される。録音機能としては、大きすぎる入力音に対して自動的に録音レベルを下げる「アナログ・リミッター」や、音量差の大きな場合にも最適な録音レベルを保つ「オート・ゲイン・コントロール」などを備えている。

 ディスプレイは反応速度が速く視野角が広い有機ELディスプレイで、本体裏側には小型スピーカーも内蔵。ヘッドフォンを接続しなくとも、録音した音をその場で確認できる。リモコンも付属しており、利用すれば、ボタン操作音を録音してしまうといったこともない。

 電源には単三形乾電池を2本使用する。本体サイズは62(幅)×112.9(奥行き)×27(高さ)ミリ、約174グラム(電池SDメモリーカード含む)。USBマスストレージクラスに対応しているので、USBケーブルで接続するだけでPCへ録音したファイルを取り込める。パッケージには波形編集ソフト「AUDIO CREATOR LE」(Windows版)が付属する。

関連キーワード

レコーダー | WAV | MP3


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.