特集
» 2008年03月14日 11時46分 UPDATE

新生活応援バイヤーズガイド:行楽シーズン直前、機能で選ぶコンパクトデジカメ (1/4)

コンパクトデジタルカメラの春商戦が始まり、魅力的な新製品が登場してきた。行楽シーズンを前に、デジカメを新調したいという人も多いだろう。注目機能を搭載した機種を中心に、お勧めモデルをご紹介。

[小山安博,ITmedia]

カメラに「おまかせ」も各社で違いが

 なんといっても、今、注目なのは「おまかせ」機能だ。

 写真を撮る場合、風景を撮りたいのか、人物を撮りたいのか、といった目的に応じた最適な撮影設定というものがある。最近のデジカメはカメラ任せのオートモードで撮影しても特に問題なく写真が撮れるのだが、最適な設定にしてやることでよりキレイな写真が撮れるものだ。

 コンパクトデジカメは多くの製品が、そうした場面ごとに最適な撮影設定を一括して適用できる「シーンモード」などと呼ばれる機能を搭載しており、風景撮影なら「風景」、人物撮影なら「人物」や「ポートレート」、夜景撮影なら「夜景」などを選べばいいようになっている。

 最近、搭載する製品が増えている「おまかせ」機能は、従来は手動で選択しなければならなかったこのシーンモードを、カメラが自動で設定してくれる。

 パナソニック「LUMIXシリーズ」が搭載する「おまかせiA」は、「顔認識」「顔&夜景認識」「風景認識」「動き認識」「接写認識」という5つの認識機能によって、顔を認識したらポートレート撮影に最適な設定、被写体が近いと認識したらマクロモードに切り替えたり、といった設定変更が自動で行われる。搭載機種は「DMC-FX35」「DMC-FZ18」などだ。

photophoto 「DMC-FX35」(左)、「DMC-FZ18」(右)

 ソニーのサイバーショットが搭載する「おまかせシーン認識」は、「夜景&人物」「夜景」「三脚夜景」「逆光&人物」「逆光」という5つを用意しており、特に失敗しやすいシーンに限定したお任せ機能になっている。搭載する機種は「DSC-T300」、「DSC-W170」など。

photophoto 「DSC-T300」(左)、「DSC-W170」(右)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう