ニュース
» 2008年03月19日 16時33分 UPDATE

PIE2008:カシオの超高速連写デジカメ「EX-F1」に触れてきた

開幕したフォトイメージングエキスポ 2008には、発売間近の“世界最速連写デジカメ”カシオ「EXILIM EX-F1」も展示されている。体験会に参加すれば、撮影もできる。

[ITmedia]

 フォトイメージングの総合展示会「フォトイメージングエキスポ 2008」(PIE2008)が3月19日、東京ビッグサイトにて開幕した。3月22日までの4日間、カメラ本体から三脚、カメラバックに至る周辺機材まで、各社の最新製品が展示される。

 そのなかでもやはり注目度が高いのは、この春に投入される各社の最新デジカメ。行楽シーズンを前に、新製品を実際に触れることのできる機会とあって、平日にもかかわらず初日から熱心なカメラファンが多く来場している。

photophoto 平日の午前から多くの来場者が。各社ブースのステージには常に黒山の人だかり

 各社ブースで触れることのできる新製品は、既に店頭に並んでいるものが大半。しかし、発売を直前に控えた新製品もいくつか展示されていた。そうした発売直前の製品で、最も注目を集めていたのが、カシオ計算機の「世界最速連写」をうたう高速連写デジカメ「EXILIM PRO EX-F1」。先日、発売日が3月28日とアナウンスされたこともあり、来場者の関心も高いようだ。

photophoto 「EXILIM PRO EX-F1」
photophoto

 EX-F1は新開発の有効600万画素 1/1.8型高速CMOSセンサーと高速処理LSIを搭載することで、最高毎秒60枚という超高速での連写撮影を可能としている。連写速度は毎秒1枚から毎秒60枚まで変更できるほか、シャッターを押す前の瞬間も記録する「パスト連写」、被写体がフレームイン/アウトした瞬間を検知して自動で連写する「ムーブイン連写」「ムーブアウト連写」といった撮影モードを用意している。

 PIE 2008の同社ブースでは実際にEX-F1を使っての体験会が開催されており、モデルがボールをヘディングする瞬間の撮影といった、新製品の高速連写機能を体験できる。

 光学12倍ズームレンズ(CMOSシフト式手ブレ補正付き)を搭載することもあり、さすがに撮影時には両手できちんとホールドする必要性を感じるが、レンズのリング部を回転させることで連写速度/ズーム/フォーカスの調整が行え、操作性は良好に感じる。上部にはモードダイヤルとならんで、連写ダイヤルが用意されており、連写モードの切り替えも瞬時に行える。

photophoto カシオ計算機ブースで行われている「EX-F1」の体験撮影会

 撮影モードはオート、連写モードは通常連写(毎秒60枚)という組み合わせで、ボールをヘディングするモデルを撮影してみた。ヘディングの瞬間を狙ってシャッターを切ってみたところ、ボールが頭に触れる寸前から、触れた瞬間、触れてボールがへこんだ様子までもとらえていたのは驚いた。毎秒60枚という今までにない高速連写なので、いわゆる“連写”のつもりでシャッターを切ると意図しないカットが撮れてしまうこともあったが、慣れればスポーツの写真などを撮る際、強力な武器になると感じた。

 再生については連写した画像をグループごとに管理する機能を備えており、シャッター1回分の画像がまとめて再生/消去できる。連写1回分の撮影画像はいったん本体内メモリ(約31.9Mバイト)にキャッシュされ、その後でメモリーカード(SD/SDHC/MMC/MMCplus対応)へ書き込まれる。そのため、特に高速タイプのメモリーカードを利用しなくても連写は可能だが、高速タイプを利用したほうが、撮影後の書き込み速度が速いためにテンポ良く撮影できる。

photophotophoto 連写画像の再生。右下のコントロールダイヤルを回すことで送り/戻しが行える

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう