ニュース
» 2008年03月25日 19時46分 UPDATE

オンキヨー、「AQUOS」「VIERA」「REGZA」と連動するシアターラック

オンキヨーがAQUOSやREGZAなど豊富な薄型テレビと連動動作可能なシアタースピーカーラックと、5.1chアンプ内蔵サブウーファーシステムを発売。

[ITmedia]

 オンキヨーは3月25日、シアタースピーカーラック「CB-SP1380」を4月26日に発売すると発表した。価格はオープンで実売想定価格は7万円前後。同時発売される5.1chアンプ内蔵サブウーファーシステム「DHT-9HD」も価格はオープンで実売想定価格は5万円前後。

photophoto シアタースピーカーラック「CB-SP1380」(左)、5.1chアンプ内蔵サブウーファーシステム「DHT-9HD」(右)

 テレビの大型化に対応するローワイドなシアターラックで、本体サイズは1380(幅)×447(高さ)×436(奥行き)ミリ、42キロ。キャビネット内容積はセンタースピーカー部7.3リットル、フロントスピーカー部7.3リットル×2。スピーカーはフロントの同一線上に3つのスピーカーを配置し、30×4センチのワイドトラック型ウーファーと2.5センチのバランスドームツィーターを搭載している。

 同時発売のサブウーファーシステム「DHT-9HD」はドルビーTrueHDおよびDTS-HDマスターオーディオに対応するデコーダーを搭載。また、「CB-SP1380」の中央に収まる構造になっており、これを搭載するとテレビリモコンでシアタースピーカーラックとサブウーファーも操作できるシステムリンクが実現する。システムリンク機能「RI HD」の強化により、他社製テレビとの連動動作も可能になった。対応機種は、パナソニックのビエラリンク対応「ビエラ」、東芝のレグザリンク対応「レグザ」、シャープのAQUOSファミリンク対応「アクオス」。なお、アクオスは2008年4月以降発売機種に限られる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう