ニュース
» 2008年04月11日 19時43分 UPDATE

三洋、「世界最小最軽量」のリニアPCMレコーダー

三洋電機が「世界最小最軽量」のリニアPCMレコーダー「CR-PS185RM(S)」「CR-PS182RM(S)」を発売。

[ITmedia]
photo 「CR-PS185RM(S)」(左)、「CR-PS182RM(S)」(右)

 三洋電機は4月11日、リニアPCMレコーダー「CR-PS185RM(S)」「CR-PS182RM(S)」を4月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープン。実売想定価格は2Gバイトのメモリを搭載するCR-PS185RM(S)が2万円前後、1Gバイトのメモリを内蔵するCR-PS185RM(S)が1万円前後。

 リニアPCM録音が可能ながら、33(幅)×112(高さ)×約13(奥行き)ミリ・約48グラム(乾電池含む)と「リニアPCM録音可能な機種としては世界最小・最軽量」(同社)のコンパクトサイズを実現している。

 量子化ビット数16bit/サンプリング周波数44.1kHz/ビットレート1411kbpsのPCM(.WAV)録音のほか、MP3録音にも対応。MP3録音時にはビットレートを320kbpsから16kbpsまで変更可能(16kbps時はモノラル録音)で、用途にあわせて最適な録音形式/音質を選択できる。

 PCとの接続に便利な折りたたみ式のUSB端子を内蔵。USB 2.0対応なので大容量の音声データも高速にPCへ転送可能だ。タイマー録音や音声を感知して録音/停止するVAS(音声起動録音)機能、録音ファイルを本体操作で分割できるファイル分割機能などを備えている。

photophoto

関連キーワード

三洋電機 | ICレコーダー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.