レビュー
» 2008年04月23日 11時54分 UPDATE

レビュー:日常のヒトコマを手軽に動画で――ソニー「HDR-TG1」 (1/5)

ソニーのビデオカメラ「HDR-TG1」は、フルHD対応なのに薄型軽量で携帯性もバツグン。旅行などのイベントはもちろん、日常のワンシーンもどんどん撮ってみよう。

[荻窪圭,ITmedia]

 ビデオカメラ市場を支えてるのは「運動会需要」――つまりは「子供の成長記録需要」とはよくいわれること。でも、デジカメ並に気軽に持ち出せて、日常のちょっとした「ビデオクリップ」を撮って楽しもうというニーズもあるんじゃないかという考えは根強くあって、そこにデジカメ側からアプローチしたのが三洋電機の「Xacti」シリーズといっていい。

 逆にビデオカメラ側からのアプローチで誕生したのが、ソニーのハンディカム「HDR-TG1」(以下、TG1)である。そういって間違いないかと思う。

 そういえばこの手の製品(ビデオクリップをターゲットにしたデジタルムービーカメラ)で一番古いのは、日立の「MP-EG1」(1997年2月発売)かと思う。PCカード型のHDDにMPEG-1で動画を記録するカメラだ。あの頃は時期尚早だったが、今は時代が違う。

厚さ32ミリ重さ300グラムでフルHD対応のTG1

 TG1の特徴はフルHDでありながら、薄型軽量を実現したということ。フルHD録画可能な小型軽量カメラは三洋電機の「DMX-HD1000」(以下、HD1000)と比べてもTG1は薄くて小さい。

hi_DSC_5676.jpg 右がHD1000。左がTG1。同じ縦位置カメラでもデザインコンセプトや大きさが全然違うのが分かる。レンズも撮像素子のサイズが異なることもあるが、TG1の方がずっと小さい
hi_DSC_5677.jpghi_DSC_5685.jpg チタン外装のTG1。厚さは32ミリでフラットなデザイン(正面から撮影 左)。レンズの上にフラッシュが付いている。実は下部はフラットではないため、自立しづらい(右)

 このボディは厚さが32ミリで、重さはバッテリー込みで約300グラム。外装はチタンでハードコーティングがなされており、ビデオカメラっぽくない。

 レンズは光学10倍ズームで手ブレ補正は電子式。静止画撮影時(16:9時)は35ミリ換算で41〜410ミリ相当なのだが、動画撮影時は43〜507ミリ相当とちょっと画角が狭くなる。

 一般的なビデオカメラのレンズと画角は変わらないが、日常の中でビデオスナップを撮るというのならもうちょっと広角側に振って欲しかったか。

 で、このレンズ径を実現できたのは撮像素子が小さいから。

 同じくフルHDでメモリースティックに映像を記録する「HDR-CX7」(以下、CX7)が1/2.9インチサイズなのに対し、TG1は1/5インチと小さなCMOSセンサーを採用している。だが総画素数も235万画素とおさえられており、静止画撮影時のノイズや解像感はやや劣るが、ビデオスナップ用としては問題ないだろう。

hi_DSC_5693.jpg 背面。狭いスペースにシンプルに操作系を集中して配置してある。このデザインはなかなか使いやすい
hi_DSC_5686.jpghi_DSC_5689.jpg 側面から。液晶モニターを閉じた状態(左)。反対側の側面。電源スイッチとHDMI端子(右)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう