ニュース
» 2008年04月23日 19時12分 UPDATE

「LISMO Port」、au Music Portからの楽曲移行と端末への転送に不具合

KDDIは、KCP+端末向けの音楽管理ソフト「LISMO Port」に不具合があることを公表した。au Music Portからのデータ移行と端末への転送ができなくなる場合がある。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは4月23日、auのKCP+端末向け音楽管理ソフト「LISMO Port」に不具合があると発表した。不具合はソフトに取り込んだ音楽データの移行と転送にかかわるもので、詳細は以下の通り。

  1. au Music Port バージョン2.XでCDから取り込んだ楽曲について、LISMO Portに移行した後ケータイに転送する際に「OpenMGの内部エラーです。」と表示され転送できない。
  2. au Music Port バージョン1.0XにてCDから取り込んだ楽曲については、LISMO Portに移行する事自体ができない。

 不具合はLISMO Port実装上の問題だという。KDDIはソフトの改修を開始しており、6月初旬に修正ソフトを提供する予定だ。

 また、不具合の回避策として、LISMO Portから直接音楽CDを取り込む方法がアナウンスされている。手元に音楽CDがない場合は、以下の方法で音楽データを移行できる。

  1. LISMO Port から該当楽曲を削除し、LISMO Portを終了
  2. au Music Portのバージョンを3.0以上にアップデート
  3. ライブラリを開き、該当楽曲のいずれかの項目(タイトル/タイトル(カナ)/アルバム/アルバム(カナ)/アーティスト/アーティスト(カナ)/ジャンル/トラック番号)を編集する。
  4. LISMO Portの「LISMOデータバックアップ」を開き、再度au Music PortのデータをLISMO Portに取り込む

 なお、上記の方法でau MUSIC Port内のデータをLISMO Portに移行すると、「ケータイデータバックアップ」メニューのPERSONAL DATA/PHOTO & MOVIE/E-MAIL EDITER/のデータもau MUSIC Portのものに上書きされてしまう。そのため、LISMO Portでケータイデータバックアップを利用している場合は、LISMO Port上のみに保存されているデータを携帯電話側に待避させておく必要がある。

 LISMO Portは、従来のau端末向け音楽管理ツールである「au Music Port」の後継ソフト。ソニー製のSonicStage CPをベースにしており、音楽管理のほか、端末内のデータ管理やバックアップなどが行える。auの携帯電話(KCP+端末)とPC、ソニーのネットジュークやウォークマンといったAV機器との間で音楽の共有ができ、音楽配信サービス「mora for LISMO」で購入した楽曲を携帯電話へ転送することも可能だ。

 LISMO Portの対応端末は「W61T」「W61SA」「W61S」「W56T」「W54SA」「W54S」。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう