連載
» 2008年04月28日 08時30分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:脱出不可能!?殺人モーテルの恐怖――「モーテル」

ケイト・ベッキンセール主演、スナッフ・フィルムを題材にした恐怖映画「モーテル」が5月21日にBlu-ray Discで登場。

[本山由樹子,ITmedia]

モーテル(Blu-ray Disc)

photo
(C)2007 SCREEN GEMS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 本物の殺人映像=スナッフ・フィルムを題材にしたサスペンス・スリラー「モーテル」が、5月21日にBlu-ray Discでリリースされる。特典はもうひとつのオープニング、舞台裏映像、劇中に登場したスナッフ・フィルムのロングバージョン、未公開シーン、予告編集を収録。

 幼い息子の事故死をきっかけに、夫婦の仲がすっかり冷えているデビッドとエイミー夫婦。家路を急ぐ車の中でも、口論が絶えない。そんな中、車が故障し、やむを得ず人里離れたモーテルに宿泊することに。スイートルームとは名ばかりのうらびれた部屋に案内され、さり気なく置かれたラベルのないビデオテープを再生すると、そこには悪趣味なスプラッタ・ムービーが収められていた。あきれる2人だったが、よくよく注意して見ると、本物の殺人シーンらしい。しかも、その撮影現場は自分たちが今いる、まさにこの部屋だった。

 やがて彼らは隠しカメラを発見するが、マスクを被った集団が迫り来る。ケータイは通じず、モーテルの支配人と称する男の控え室からは悲鳴が聞こえ、外には見張り人の男たち。スナッフ・フィルムの次のターゲットは自分たちだと気づいた彼らは、命がけのサバイバルに打って出るが……。

 頼みの車は故障し、武器もない、土地勘もない、応援もないという八方ふさがり。前半は何かおかしい、次は自分か?という恐怖心を掻き立てられ、後半は手に汗握る脱出劇が楽しめる。

 最近流行りの「ソウ」「ホステル」のような血みどろのショックシーンは控えめなのでそれを期待する人は肩透かしをくらうが、クラシック映画を意識した恐怖演出はなかなかスリリング。タイトルデザインのセンスもいいし、寂れたモーテルの、いかにもな怪しいムードも魅力的だ。

 監督はハンガリーで活躍する新鋭のニムロッド・アーントルで、これがハリウッド・デビュー作となる。出演は「Gガール 破壊的な彼女」「幸せのポートレート」のルーク・ウィルソン(オーウェン・ウィルソンの弟)、「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセール。

 ちなみにスナッフ・フィルムを扱った映画はほかにも「ミュート・ウィットネス」「テシス 次に私が殺される」「ブレイブ」「8mm」などがある。

関連サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/vacancy/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

モーテル(Blu-ray Disc)
発売日 2008年5月21日
価格 4980円
発売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
販売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
スタッフ 監督:ニムロッド・アーントル
出演 ルーク・ウィルソン、ケイト・ベッキンセール、フランク・ホエーリー
上映時間 85分(本編)
製作年度 2007年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビートゥルーHD/5.1ch/英語 (2)ドルビートゥルーHD/5.1ch/日本語
特典 もうひとつのオープニング/チェックイン:「モーテル」の舞台裏/スナッフ・フィルム(ロングバージョン)/未公開シーン/予告編集

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう