ニュース
» 2008年05月21日 18時25分 UPDATE

BDレコーダー、北京控えさらに価格低下も

五輪商戦を控えBDレコーダーがDVDレコーダーを猛追、低価格BDレコーダーの充実も期待される。BCN調べ。

[ITmedia]

 BCNは5月21日、同社のBCNランキングをもとにしたDVD/HDDレコーダーの販売動向調査結果を発表した。金額ベースではBlu-ray DiscレコーダーがDVDレコーダーを抜き去り、メーカー間の競争も激しさを増していることが明らかになった。

 2月の「HD DVD終息宣言」で次世代DVDはイコールBlu-ray Discとなったことで対立構図の解消が歓迎されたためか、レコーダー市場そのものは停滞ぎみであるものの、4月にはBDレコーダーが前年比30.7倍の出荷台数を記録、金額ベースではDVDレコーダーを越えるなど好調な動きを見せている。

photo パナソニック「DMR-BR500」

 メーカー別シェアでは昨年冬から首位を守っていたソニーと、首位をうかがっていたパナソニックが4月で逆転。また、4月のメーカー別平均単価は12万円前後に集中しており、ほぼ横並びの状態となっている。BCNではパナソニックの躍進を現在の店頭実売価格が10万円を切る「DMR-BR500」投入の効果と分析しており、北京オリンピック商戦に向け、DMR-BR500のような低価格製品の充実が進みそうだとも予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう