ニュース
» 2008年05月27日 19時12分 UPDATE

富士フイルム、熱気球遊覧しながら写真鑑賞ができる「FUJIFILM島」

富士フイルムがSecond Life内に「写真美術館」を中核施設とした「FUJIFILM島」をオープン、本日より一般公開を開始した。

[ITmedia]

 富士フイルムは5月27日、Second Life内に「FUJIFILM島」をオープンし、本日より一般公開を開始したと発表した。

photophotophoto セカンドライフ内にオープンした「FUJIFILM島」

 FUJIFILM島は、2007年3月にオープンしたウェブサイト「富士フイルム ウェブ写真美術館&ショップ」を再現した「写真美術館」を中核施設として、島全体が豊かな自然に囲まれた仮想空間。

 実際の美術館で鑑賞しているような写真展示空間が再現されているほか、国内向けに販売しているリアル世界の写真を実際に購入することも可能。また、熱気球アトラクションで島を遊覧しながら写真鑑賞ができる「空中ギャラリー」をはじめ、さまざまなイベントによるユーザー同士での双方向コミュニケーションも実現している。今後は新しい写真の楽しみ方を体験できる3次元仮想空間写真サービスに加え、同社の各分野にわたる活動や商品、サービスの紹介なども順次提供していくという。

 オープン時の具体的な内容は、「写真美術館」内のプレミアムギャラリーで著名写真家22名の写真作品が掲載されていいるほか、「写真美術館」内の螺旋ギャラリーと「空中ギャラリー」ではアマチュア写真愛好家が参加した「富士フイルム ウェブ写真美術館&ショップ」第一回フォトオーディションの入選作品159点が展示されている。さらに、今後は作家個別の写真展示や、フォトコンテスト入選作品の展示スペースなども提供していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.