連載
» 2008年06月11日 09時17分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:光と闇の最終戦争、いよいよ勃発――「デイ・ウォッチ」

「ナイト・ウォッチ」の続編がBD化。ロシア版「マトリックス」とも評される、めくるめくVFX映像世界は今回も健在!

[本山由樹子,ITmedia]

デイ・ウォッチ/ディレクターズ・カット(Blu-ray Disc)

photo
(C)2008 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 ロシア歴代No.1の興行収入を記録したダーク・ファンタジーの2作目「デイ・ウォッチ」が7月4日にBlu-ray Disc化。シリーズ1作目「ナイト・ウォッチ」と、2作品をまとめた初回限定の「ナイト&デイ・ウォッチ ブルーレイディスクBOX」も同時リリースされる(8980円)。1、2作目の価格は各4935円。BOX購入の場合は880円のオトクとなる。

 「デイ・ウォッチ」には、未公開シーン約15分を追加したディレクターズ・カットを収録。特典はメイキング映像とロシア版劇場予告編。「ナイト・ウォッチ」の特典はティムール・ベクマンベトフ(監督)による音声解説、セルゲイ・ルキヤネンコ(原作)による字幕解説、計7種類の未公開シーン集、撮影の舞台裏、ストーリーと映像スタイル、キャラクターとテーマ、広がる世界観〜シリーズの製作〜、コミックブック・ギャラリー、ポスター・ギャラリーなどを収録。 ブルーレイディスクBOXには、特典として3Dマウスパッドが封入される。

 その昔から長きに渡って対立を続けていた光と闇の勢力。吸血鬼、魔女、狼男など特殊な能力を持ち、異種と呼ばれる彼らは、休戦協定を結び、それぞれを監視しあってきた。闇を監視するのがナイト・ウォッチ、光を監視するのがデイ・ウォッチだ。

 主人公のアントンは、ある事件をきっかけに、自分が光の異種であることを知る。その事件というのは、闇の魔女を使って家を出た妻に呪いをかけ、胎児だった息子のイゴールを殺しかけたこと。それによってイゴールは闇の勢力につき、光と闇のバランスが崩れ始める。戦争を目論む闇の連中の思惑と重なり、アントンは闇の異種を殺した嫌疑をかけられてしまう。アントンは事件解決のため、望んだことが叶うという運命のチョークを探し始めるが……。

 ベストセラーとなった、セルゲイ・ルキヤネンコの3部作小説を映画化したもので、小説と同じく、映画も3部構成になる予定だ。「闇」についてしまった息子との関係に苦悩する「光」側の父の愛も描かれるが、本作の醍醐味はVFX映像。ロシア版「マトリックス」とも評される、めくるめく映像世界に引き込まれる。

 才能を見込まれたティムール・ベクマンベトフ監督は、次回作「ウォンテッド」でハリウッド進出を果たした。アンジェリーナ・ジョリー主演のSFアクションで、日本では9月に公開予定だ。

 冒頭で光と闇の関係がサラリと説明されるが、前作を見ていない人はもちろん、一度見た人も復習しておいた方がいいだろう。

関連サイト:http://microsites2.foxinternational.com/jp/daywatch/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

デイ・ウォッチ/ディレクターズ・カット(Blu-ray Disc)
発売日 2008年7月4日
価格 4935円
発売元 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
販売元 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
スタッフ 監督・脚本:ティムール・ベクマンベトフ
出演 コンスタンチン・ハベンスキー、マリア・ポロシナ
上映時間 146分
製作年度 2006年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビートゥルーHD/5.1chサラウンド/ロシア語 (2) DTS/5.1chサラウンド/ロシア語 (3) DTS/5.1chサラウンド/英語 (4) ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
特典 メイキング・オブ・「デイ・ウォッチ」/ロシア版劇場予告編

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう