ニュース
» 2008年06月13日 15時56分 UPDATE

動画で見る“KUROモニター”の楽しみ方

パイオニアの「KRP-600M」は、昨年秋に登場した“KURO”シリーズの最新モデルであると同時に、「PDP-5000EX」以来2年ぶりのモニタータイプである。その機能と魅力について、パイオニアマーケティング商品戦略部ホームAV企画グループの濱武史副参事に語ってもらった。

[ITmedia]

 パイオニアが今週発表した「KRP-600M」は、昨年秋に登場してAVファン層の人気を集めた“KURO”シリーズの最新モデル。また「PDP-5000EX」以来2年ぶりのモニタータイプとなる。

photophoto 「KRP-600M」

 チューナーレス&スピーカーレスのモニタータイプは、一般的なテレビに比べるとユーザーを選ぶ。もちろん別売のスピーカーシステムやスタンドを付け、手持ちのチューナー(BDレコーダーなど)を接続すればテレビとして支障なく利用できるが、ほかのAV機器との組み合わせが前提となるからだ。

 それでもAVファン層を中心にモニタータイプを求める人は多く、とくに新世代パネルとの組み合わせは、多くのユーザーが期待していたようだ。「KUROの発表以来、『モニタータイプは出さないのか』という問い合わせを多くもらった」(パイオニア)。

photo パイオニアマーケティング、商品戦略部ホームAV企画グループの濱武史副参事

 そこで今回は、パイオニアマーケティング商品戦略部ホームAV企画グループの濱武史副参事に「KRP-600M」の魅力と、ちょっとマニアックな楽しみ方をカメラの前で語ってもらった。

 なお、KRP-600Mの概要については発表記事、モニターとして登場した背景やそのインプレッションについては、「麻倉怜士のデジタル閻魔帳」や山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」でも取りあげているので、あわせて参照してほしい。

 KRP-600Mの主な仕様は下表の通り。

型番 KRP-600M
サイズ 60V型(16:9)
解像度 1920×1080ピクセル
ビデオ入力 1系統
コンポーネント入力 1系統
PC入力(ミニD-Sub 15ピン) 1系統
DVD-D入力 1系統
HDMI入力 2系統(KURO LINK対応)
スピーカー出力 1系統(6〜16オーム)、出力は9ワット+9ワット(6オーム時)
イーサネット 1系統
RS-232C 1系統
IRリピーター出力 1系統
消費電力 487ワット
待機時消費電力 0.3ワット
外形寸法 1465(幅)×876(高さ)×64(奥行き)ミリ
重量 49.9キログラム
価格 オープンプライス(85万円前後)
発売時期 6月下旬

関連キーワード

KURO | パイオニア | プラズマ | フルHD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう