ニュース
» 2008年06月16日 17時48分 UPDATE

7センチ・手のひらサイズのカラオケ機「Hi-kara」 タカラトミーが発売

手のひらサイズで持ち運べるカラオケ機「Hi-kara」をタカラトミーが発売する。ヘッドフォンで伴奏を聞き、本体の液晶ディスプレイで歌詞を見ながらカラオケが楽しめる。

[ITmedia]
画像

 タカラトミーは、手のひらサイズで持ち運べるカラオケ機「Hi-kara(ハイカラ)」を10月18日に発売する。本体に接続したマイク付きヘッドフォンで伴奏と自分の歌声を聞きながら、カラオケを楽しむ仕組みだ。ヘッドフォン付きで1万500円。

 1辺が7センチのキューブ形の本体に2.4インチのカラー液晶ディスプレイを備えた。液晶ディスプレイには、曲に合わせて歌詞を表示する。採点したり、音程やテンポ、エコーを調整する機能も備えた。ヘッドフォンは2つまで接続でき、友人や恋人とカラオケを楽しむこともできる。

画像

 本体に曲を取り込むには、別売りの専用カートリッジが必要。あらかじめ曲の入っている「すぐうたカートリッジ」(2100円)と、好きな曲をダウンロードできる「プリペイドカードリッジ」(10曲で2100円、20曲で3675円)の2種類があり、本体に差し込んで使う。

 プリペイドカートリッジに曲をダウンロードするには、別売りの専用ダウンローダー(3150円)を使う。プリペイドカートリッジを差したダウンローダーをUSBケーブルでPCに接続し、専用サイトから曲をダウンロードする。

 カラオケ楽曲は第一興商が協力し、「DAMステーション」で配信されているデータをベースに制作した。ダウンロードサイトは当初3500曲以上をそろえ、順次追加していく。

 電源は単3乾電池×4本。重さは150グラム。初年度50万個の売り上げを見込む。

 同社が2000年発売した、テレビにつないで楽しむカラオケ機「e-kara」は、345万本を売り上げた。「テレビゲーム機もミュージックプレーヤーも1人1台を持ち歩く現代において、パーソナル“カラオケボックス”として提案する」としている。初年度50万個の販売が目標。

関連キーワード

カラオケ | タカラトミー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう