ニュース
» 2008年06月16日 18時02分 UPDATE

デノン、「CXシリーズ」にアンプ一体型SACDプレーヤー

デノンがコンパクトなアンプ一体型SACDプレーヤー「RCD-CX1」を発売。「音楽と人を結ぶ上質なパートナーシップの象徴」(同社)。

[ITmedia]
photo 「RCD-CX1」

 デノンは6月16日、アンプ一体型SACDプレーヤー「RCD-CX1」を7月中旬より販売開始すると発表した。価格は17万8500円。

 同社が2006年に発売したコンパクトなプリメインアンプ「PMA-CX3」とSACDプレーヤー「DCD-CX3」で培われたノウハウを集結させた、コンパクトな一体型プレーヤー。300(幅)×110(高さ)×300(奥行き)ミリと設置場所を選ばないサイズながら、PMA-CX3で培った電力変換効率約90%という高効率な増幅回路を搭載。75ワット×2(4オーム)の出力でスピーカーをドライブする。

 系統別に電源とグランド回路を分離、漏えい電流による音質劣化を最低限としているほか、信号経路そのものも最短経路となるようにレイアウトされている。独自アルゴリズムよる時間軸上のデータ補間やアップデートサンプリングを施し、自然な補間再生を実現するビット拡張技術「AL24 Processing」も実装している。

photo 背面

 AM/FMチューナも内蔵するほか、専用コントロール端子を備えておりiPod用コントロールDock(別売)を接続することで付属リモコンでiPodの基本操作が行える。入力端子はアナログ×2、PHONO×1、出力端子は光デジタルほか。

関連キーワード

SACD | デノン | AVアンプ | スピーカー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.