ニュース
» 2008年06月17日 15時00分 UPDATE

“省エネナンバーワン”のエコBRAVIA

ソニーが32V型液晶テレビとしては「業界No1」(同社)の省エネ性能を実現した液晶テレビ“BRAVIA”「KDL-32JE1」を発売。

[ITmedia]

 ソニーは6月17日、液晶テレビ“BRAVIA”の新製品「KDL-32JE1」を7月25日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は15万円前後。

photophoto “BRAVIA”「KDL-32JE1」。カラーはシルバーとシャンパンゴールドの2色

 バックライトの発光効率最適化とそれに起因する供給電圧低下、加えて、フィルムの光透過率向上によって、省エネ基準達成率232%、年間消費電力量86kWh/年、消費電力89ワットという、32V型液晶テレビとしては「業界No1」(同社)の省エネ性能を実現した。省エネ基準達成率とは、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(通称 省エネ法)に基づいて製品ごと定められた年間消費電力量の基準値に対する達成率を表す数値で、32V型液晶テレビに関しては年間消費電力量200kWh/年が100%に相当する。

 リサイクル材の導入も進められており、本製品より同社ではフィルム用のプラスチック材料のリサイクルも開始されている。こうした自社循環材を使用することで、新規材料を試用する際に比べ、製造段階の二酸化炭素発生料を約40%削減するという。

 機能面では「KDL-32J1」と同等。画面サイズは32Vで解像度1366×768ピクセル。コントラスト比は2500:1、視野角は上下左右178度。描画エンジン「ブラビアエンジン2」を搭載しており、シーンに応じた画質を作り出す。画質モード「シネマ」や24P描写モード「24p True Cinema」なども備える。HDMIコントロール「ブラビアリンク」にも対応する。

 スタンドを含むサイズは794(幅)×577(高さ)×242(奥行き)ミリ、15.5キロ。インタフェースとしてHDMI×2、コンポーネント×2、コンポジット×3、PC入力端子(D-Sub15ピン)などを備える。カラーはシルバーとシャンパンゴールドの2色を用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう