ニュース
» 2008年06月30日 14時53分 UPDATE

2スピーカーの「NIRO」に低価格な新モデル

niro1.comが「後方の音」を改善したフロントサラウンド「Niro Spherical Surround System」の新製品を発売。「お求めやすいモデルとして提供する」(同社)。

[ITmedia]
photo 「Niro Spherical Surround System NS-600」と42V型テレビの組み合わせ

 niro1.comは6月30日、ホームシアター用フロントサラウンドシステム「Niro Spherical Surround System」の新製品として、「Niro Spherical Surround System NS-600」を7月10日より販売開始すると発表した。価格はオープンだが、「お求めやすいモデルとして提供する」(同社)。

 Spherical Surround Systemはトップとベース(上下)の2スピーカー(+サブウーファー)という構成が特徴的なフロントサラウンドシステム。スピーカーを上下分割とすることで、フロントとリアの音像干渉を低減し、コンパクトながらも自然なサラウンドを実現する。また、高さ方向の音場再現を実現しているのも特徴のひとつだ。なお、上スピーカーからはリアL/R、下スピーカーからはフロントL/Rとセンターの3chを出力する。

 新製品は昨年発売されたNiro Spherical Surround Systemゆずりの音質を継承しながら、20畳程度の部屋での利用に適したコンパクトモデルとなっている。対応するフォーマットはDolby Digital、DTS、AAC、Dolby Pro Logic II。

 ユニットのサイズは、トップスピーカーが170(幅)×72(高さ)×75(奥行き)ミリ・0.6キロ、ベーススピーカーが290(幅)×103(高さ)×140(奥行き)ミリ・1.4キロ、サブウーファーが390(幅)×305(高さ)×180(奥行き)ミリ、7.6キロ、アンプが200(幅)×55(高さ)×296(奥行き)ミリ、2.2キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう