ニュース
» 2008年07月07日 12時00分 UPDATE

ソニー、業界初の回転式バウンス機構を備えたフラッシュ「HVL-F58AM」

ソニーが業界初(同社)の回転機構を備えたフラッシュ「HVL-F58AM」を発売。ワンアクションでフラッシュ全体が180度可動するため、スピーディーな構図切り替えが行える。

[ITmedia]
photo HVL-F58AM

 ソニーは7月7日、ガイドナンバー58のカメラ用フラッシュ「HVL-F58AM」を8月28日より販売開始すると発表した。価格は6万3000円。

 新製品は業界初(同社)の回転機構「クイックシフトバウンス」を搭載する。一般的なフラッシュの場合、配光を維持したままカメラの縦横を変化させる際には発光部を「ひねる」「倒す」という2アクションが必要だが、新製品はフラッシュ全体がワンアクションで180度(右90度/左90度)可動するため、配光パターンを維持しながらスピーディーな構図切り替えが行える。

 液晶画面を含めた本体操作部も180度可動するため、縦/横位置いずれでも正位置での操作確認が可能だ。また、縦位置時でもレンズ中心から発光部中心までの距離が短いため、縦位置撮影時の影幅を短くすることもできる。

photophotophoto 「α700」装着時。フラッシュ本体が前後のほか、左右に180度(右90度/左90度)稼働する

 最大3グループのフラッシュの光量比率をワイヤレスで制御できる多灯光量制御機能も搭載する。制御可能なのは同社対応製品のみとなるが、本格的なスタジオストロボを利用せずとも本格的なライティングによる撮影が楽しめる。

 そのほか、フラッシュ色の色温度情報をカメラ本体と交信し、発行条件に応じたホワイトバランスを自動補正する機能や、撮像素子のサイズ(APS-C/フルサイズ)に応じて配光を自動制御する機能も備える。

 焦点距離は24〜105ミリ(内蔵ワイドパネルで16ミリまで対応可能)で、調光方式はADI調光/P-TTL調光/マニュアル。バウンス角度は上方150度/下方10度/左右各90度。従来機種(HVL-F56AM)に比べ充電時間が約55%短縮されたほか、デジタル一眼レフカメラ「αシリーズ」(α100を除く)の本体電源オン/オフに連動したパワーセーブ機能も備える。

 電源は単三形乾電池(アルカリ/ニッケル水素)4個または外部電池アダプター「FA-EB1AM」(単三乾電池6個)で、発光回数は100回以上。フル充電時の発光間隔は約5秒。サイズは77(幅)×147(高さ)×106(奥行き)、約440グラム(本体のみ)。パッケージにはキャリングケースのほか、スタンドも付属する。

photophotophoto

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう