ニュース
» 2008年07月07日 15時10分 UPDATE

パイオニア、世界初の16層ディスク技術を開発

パイオニアが世界初(同社)の16層光ディスクの開発に成功した。容量は400Gバイトで、Blu-ray Discとの互換性も持つ。

[ITmedia]
photo 16層光ディスク

 パイオニアは7月7日、「世界初」(同社)となる16層の再生専用光ディスクの開発に成功したと発表した。開発された光ディスクは1層あたりBlu-ray Discと同じ25Gバイトで、合計で約400Gバイトの容量を持つ。

 光ディスクにおいて多層化を進めると、安定した再生信号を得ることが困難になるが、同社では他の記録層からのノイズを低減する構造などを開発することで、16層という多層ディスクを実現したという。

 開発されたディスクは再生専用だが、記録型ディスクへの技術応用も可能であり、対物レンズなど光学仕様はBlu-ray Discと同一であることから互換性を持たせることも可能だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.