ニュース
» 2008年07月10日 16時42分 UPDATE

ソニー、国内4波テレビ対応の小型シリコンチューナーモジュール

ソニーは、国内の4波テレビ放送方式に対応した小型シリコンチューナーモジュールのサンプル出荷を10月に開始する。薄型テレビなどのコンパクト化が容易になるという。

[ITmedia]
photo 写真は、アンテナコネクタが水平方向に取り付けられている「SUT-UJ101Z」。「SUT-UJ101T」は垂直方向となる

 ソニーは7月10日、国内の4波テレビ放送方式(アナログ地上波、地上デジタル、BSデジタル、CS110度デジタル)に対応した小型シリコンチューナーモジュール「SUT-UJ101Z」「SUT-UJ101T」を発表した。10月上旬からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は5万円。

 新開発の自社製シリコンチューナーICを搭載し、空芯コイルレスとすることで、モジュールの大幅な小型化を実現。外形寸法は、38×65×13ミリで、重量は約50グラム。実装面積としては、同社製従来製品の約2分の1になるという。

 「薄型テレビやBlu-ray Discレコーダーなどの小型薄型化、低消費電力化、コストダウンに貢献し、チューナーの複数搭載を容易にする」(同社)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう