ニュース
» 2008年07月29日 20時42分 UPDATE

“全録レコーダー”「SPIDER zero」がモニターキャンペーン

放送をすべて録画する“全録レコーダー”「SPIDER zero」のモニターキャンペーンが受け付け開始。

[ITmedia]
photo 「SPIDER zero」

 PTPは7月29日、“全録レコーダー”「SPIDER zero」のモニターキャンペーンの受付を開始した。

 モニターキャンペーンは、有償ながら所定の金額(1名応募では1万500円、複数名では5250円)を支払うことで、2.5TバイトのHDDを搭載した「SPIDER zero 2.5T model」を1カ月間利用できるという内容。モニター期間終了後には、定価より1万円引きとなる36万8550円でSPIDER zero 2.5T model本体を購入できる(別途1年間分のサービス利用料金が必要で、総支払額は38万1150円)。申し込みは先着順。

 SPIDER zeroはアナログチューナーを8基搭載し、受信する放送をすべて録画する“全録”レコーダー。CMも含めた約1週間分の放送を自動的に録画し続けるため(標準設定。ビットレートの変更などで更なる長時間録画も可能)、“録り忘れ”が発生しない。番組表の利用や録画検索機能の更新やアップデートに同社提供のサーバとの接続が必要となるため、有料のサービス登録が必要。また、利用可能エリアは東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬に限られる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう