ニュース
» 2008年08月07日 17時00分 UPDATE

板から抜け出したようなフラット感――ソニー、サイバーショットに新「Tシリーズ」 (1/2)

ソニーがコンパクトデジタルカメラ“サイバーショット”「Tシリーズ」の新製品2機種を発表した。薄さと機能にこだわり、下位モデルの「DSC-T77」は光学手ブレ補正を搭載したデジカメとして世界最薄となる13.9ミリを実現した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは8月7日、コンパクトデジタルカメラ“サイバーショット”「Tシリーズ」の新製品2機種を発表した。“薄さ”にこだわり、下位モデルの「DSC-T77」では「光学手ブレ補正を搭載したデジカメとして世界最薄」(同社)となる13.9ミリ(最薄部)を実現した。どちらも9月5日に発売する予定で、価格はオープン。店頭ではDSC-T77が3万8000円前後、上位モデルの「DSC-T700」は4万5000円前後になる見込みだ。

photo 最薄部で13.9ミリの「DSC-T77」。ブラック、シルバー、グリーン、ピンク、ブラウンの5色をラインアップ

 DSC-T77は、「DSC-T70」の後継となるスーパースリムモデル。一見、縦型に見えるボディーは、側面まで覆ったレンズカバーをスライドさせると横型に変身。手軽に持ち運び、首に下げることもできるスタイルと、撮影時のホールド性を両立させた。

photophotophoto

 ボディーの素材にはステンレスを採用しており、表面はマット(ツヤ消し)のうえにヘアライン加工を施した。外形寸法と重量は、93.6(幅)×57.2×15(厚さ)ミリ、151グラム(撮影時)。最も薄い部分は13.9ミリという。カラーバリエーションは、定番のブラックとシルバーにくわえ、カジュアルな印象のグリーン、薄めのピンク、濃いめのブラウンという個性的な色をラインアップしている。

 中身も大幅にリニューアルした。まず、CCDは従来の1/2.5型810万画素から1/2.3型有効1010万画素へ大型化。また高屈折材料や非球面レンズを含めて光学設計を全面的に見直しており、とくにレンズシフト部のコンパクト化が光学4倍ズームを搭載しながらスリムなボディーの実現に一役かったという。画像処理エンジンはお得意の「BIONZ」だ。

 「はい、ソニー」のTV CMで知られる「スマイルシャッター」も新Tシリーズの進化ポイント。従来はモードダイヤルから選択してからシャッターボタンを深押しするという2行程が必要だったが、今回はタッチパネルに表示される“スマイルアイコン”をタッチするだけでモードが切り替わる。また従来はスマイルシャッター中にズームができなかったり、撮影枚数が6枚までという制限もあったが、いずれも解消された。撮影枚数は無制限となり、スマイル撮影中に通常撮影に移行することも可能。シャッターチャンスを逃さない。

 このほか、「おまかせシーン認識」には「人物」「風景」「マクロ」が追加された。このうち「人物」では、顔検出を活用した新機能を搭載。例えば被写体が目をつぶってしまうと、再生時に「目つぶりを検出しました」と警告してくれる。

 さらに「アドバンスモード」で2枚撮りしたときに目つぶりを検出すると、目をつぶっているほうの写真を自動的に削除することも可能だ(設定変更可)。顔検出や赤目防止といった機能と合わせ、「撮影時の失敗が少ない、という感覚で使える」(同社)という。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう