ニュース
» 2008年08月08日 16時07分 UPDATE

オンキヨー、高性能デジタルアンプ搭載の小型CD/FMチューナーアンプ

オンキヨーがCD/FMチューナーアンプ「CR-D2」と2ウェイスピーカー「D-D2DE」「D-112EX」を発売。CR-D2は小型ボディに高性能デジタルアンプを搭載する。

[ITmedia]
photo CD/FMチューナーアンプ「CR-D2」

 オンキヨーは8月8日、CD/FMチューナーアンプ「CR-D2」と2ウェイスピーカー「D-D2DE」「D-112EX」を9月11日より販売開始すると発表した。価格はCR-D2が6万1950円、D-D2DEが2万4150円、「D-112EX」が4万8300円。

 カスタム開発された大容量トランスを備えるデジタルアンプ「VL Digital」を搭載。さらには電源供給ラインには極太の銅バスプレートを使用することで低インピーダンスを実現し、小型デジタルアンプ搭載製品ながらも大型スピーカーをならしきる能力を備ている。D/A変換部には同社の独自技術を用いた「VLSC回路」を搭載することで、通常のローパスフィルターを用いた場合に比べ、実在感や音場の再現性を高めているという。

 筐体には剛性の高いアルミパネルが前面と側面に採用されており、側面には強度を高めるリブも設けられている。天板は1.2ミリ厚のスチール製が利用されており、前面/側面のアルミパネルとあわせて、リミテッドモデル「CR-D1LTD」とならぶ高い剛性を確保している。定格出力(4オーム)は40ワット×2で、本体サイズは205(幅)×116(高さ)×338(奥行き)ミリ、5.1キロ。

 D-D2DEは3センチリングツイーターと10センチのA-OMFモノコックウーファーを搭載する2ウェイスピーカー。バスレフダクトをキャビネットから分離することで明確な低音を再生する「アドバンスド AERO ACOUSTIC DRIVE」を備えるほか、振動板を支持するダンパーも新開発されている。サイズは148(幅)×260(高さ)×222(奥行き)ミリ、4.1キロ。

photophoto 「D-D2DE」(写真=左)、「D-112EX」(写真=右)

 D-112EXはD-D2DEと同様、3センチリングツイーターと10センチのA-OMFモノコックウーファーを搭載する2ウェイスピーカー。「アドバンスド AERO ACOUSTIC DRIVE」なども同一に備えるが、リアルウッド突き板仕上げを施したほか、制振効果を高める専用スパイクも付属する。サイズは156(幅)×249(高さ)×218(奥行き)ミリ、4.2キロ。

関連キーワード

スピーカー | オンキヨー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう