ニュース
» 2008年08月18日 21時03分 UPDATE

ソニー、ハンディカム動画などをPCレスでダビングできるDVDライター「VRD-MC10」

ソニーは、ハンディカム動画をDVDへダビングできるDVDライター「VRD-MC10」を発表した。HDMI出力を標準装備している。

[ITmedia]
photo VRD-MC10

 ソニーは8月18日、ハンディカムで撮影した映像をPCレスでダビングできるDVDライター「VRD-MC10」を発表、10月10日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は4万5000円前後の見込みだ。

 VRD-MC10は、同社製デジタルビデオカメラ「ハンディカム」に対応するDVDライターで、AVCHD規格のHD動画、およびSD動画をDVDメディアにダビングすることができる(8センチDVDは未対応)。また、DV端子(i.LINK)を用いることでDV規格に準拠する他社製デジタルビデオカメラの接続も可能だ。コンポジット入力も備えており、8ミリビデオなどの映像もDVDへダビングできる。本機でダビングしたAVCHD対応のDVDディスクは本製品のほか、同規格対応のBDプレーヤーやプレイステーション 3などで再生することができる。

photo 接続イメージ

 入力インタフェースはハンディカム専用のUSB端子、およびDV端子、コンポジット/Sビデオ端子、およびメモリースティック デュオ用スロットを装備。出力端子はコンポーネント/コンポジット映像端子のほかHDMI出力端子を備えており、HDMIケーブル1本で動画出力を楽しめるのも特徴だ。本体上面には操作を確認できる2.7型液晶パネルを内蔵。本体サイズは198(幅)×240(奥行き)×230(高さ)ミリ、重量は約1.75キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.