ニュース
» 2008年08月19日 19時59分 UPDATE

ソニー、アクセサリー感覚で選べる“キラキラ”イヤフォン

ソニーがポップなカラーリングを施したインナーイヤーイヤフォンを発売。SSサイズのイヤーピースも付属する。

[ITmedia]

 ソニーは8月19日、ポップなカラーリングを施したインナーイヤーイヤフォン3シリーズ5製品を9月10日より販売開始すると発表した。販売されるのは、「MDR-EX33LP」「MDR-EX33SP」「MDR-EX35LP」「MDR-EX35SP」「MDR-EX36VF」で、価格はMDR-EX36VFのみ3675円、他の4製品は2468円。

photophoto 「MDR-EX33LP」

 いずれも堅さの異なる2種類のシリコンを組み合わせた「ハイブリッドシリコンイヤーピース」を採用することで装着感を高め、9ミリ径の高磁力ネオジウムマグネットドライバーの採用でクリアな中高域と締まった低音を実現した。

 MDR-EX33LP/SPはハウジングの内側からラメ入りの塗装を施すことで透明感のある、きらびやかな色調を実現。カラーもシルバー/ピンク/ゴールド/ブルー/ホワイト/グリーンの6色を用意する(MDR-EX33SPはシルバー/ホワイトの2色)。Sサイズよりもさらに小型のSSサイズのイヤーピースが付属する。MDR-EX33LPとMDR-EX33SPの違いはコード長で、MDR-EX33LPは1.2メートル、MDR-EX33SPは0.6メートルのケーブルを備える。

photophoto 「MDR-EX35LP」(ピンク)、「MDR-EX36VF」(ブラック)

 MDR-EX35LP/SPはシンプルなデザインが特徴で、MDR-EX35LPはゴールド/ブラック/レッド/ホワイト/ピンク/ブルーの6色、MDR-EX35SPはブラック/ホワイトの2色を用意する。両モデルの違いはカラーリングとケーブル長で、MDR-EX35LPは1.2メートル、MDR-EX35SPは0.6メートルのケーブルを備える。MDR-EX36VFは手元で音量を調整できるボリュームコントロールのほか、携帯電話用の平型アダプターが付属する。カラーはブラックとホワイトの2色。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう