ニュース
» 2008年08月19日 20時13分 UPDATE

レイアウトフリー:三菱、液晶テレビ&BDレコーダーのコンセプトモデルを公開

三菱電機は、映像信号を無線伝送する“レイアウトフリー”の液晶テレビとBlu-ray Discレコーダーのコンセプトモデルを公開した。2008年秋を目標に製品化する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 三菱電機は8月19日、液晶テレビ「REAL」新製品発表会の場で映像信号を無線伝送する“レイアウトフリー”の液晶テレビとBlu-ray Discレコーダーのコンセプトモデルを公開した。2008年秋を目標に製品化する計画だ。

photophoto 液晶テレビとBlu-ray Discレコーダーのコンセプトモデル

 液晶テレビは、モニター部とチューナー部の2ピース構成。それぞれ無線の送信機と受信機を内蔵しており、非圧縮の映像信号および音声信号をワイヤレス伝送できる。無線方式など詳細は非公開。「モニターは電源ケーブルだけを接続すればいい。これまでになくシンプルなレイアウトが可能になる」(同社)という。

photophotophoto デザインコンセプト

 液晶テレビは、独自の光沢処理パネル「DIAMOND Panel」とDIATONEの音響システムを搭載しながら、厚さ約4センチの超薄型設計を実現した。後ろ姿(バックキャビネット)のデザインにもこだわり、レイアウトの自由度を高める。またスタンド部をすりガラスのようなデザインとして浮遊感を演出する専用の“壁ぴたスタンド”も準備する。

photophotophoto モニター部は厚さ4センチ(左)。すりガラスのようなデザインで浮遊感を高める専用壁ぴたスタンド(中)。チューナー部の上面にはワイヤレスアンテナ(右)

 一方のチューナー部にはデジタル3波対応チューナーと無線送信機を内蔵。スクエアな新フォルムは、横にしたBDメディアとほぼ同じ高さで、本棚やテーブルの上など置き場所を選ばない。同社では「ディスクの入れ替えやボタン操作のしやすい手元に置けば、迫力のある映像と音に集中できるようになる」と話している。

関連キーワード

REAL | 液晶テレビ | 三菱電機 | フルHD | 120Hz駆動


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう