ニュース
» 2008年08月26日 15時40分 UPDATE

スリムになった定番“A”――「PowerShot A2000 IS」「PowerShot A1000 IS」

キヤノンの「Powershot Aシリーズ」がモデルチェンジ。新たに登場した「PowerShot A2000 IS」「PowerShot A1000 IS」はボディのスリム化が進められ、幅広いシーンで活躍できる。

[ITmedia]

 キヤノンは8月26日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot A2000 IS」「PowerShot A1000 IS」を9月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は「PowerShot A2000 IS」(以下 A2000 IS)が3万円前後、「PowerShot A1000 IS」(以下 A1000 IS)が2万20000円前後。

photophoto 「PowerShot A2000 IS」(写真=左)、「PowerShot A1000 IS」(ブルー、写真=右)

 A2000 ISは「PowerShot A720 IS」、A1000 ISは「PowerShot A590 IS」の後継となる製品(キヤノン、顔認識対応の「PowerShot Aシリーズ」)。いずれもPowerShot Aシリーズの伝統だったがっちりとしたグリップのデザインを変更し、よりスリムなボディを実現した。

 A2000 ISはA720 ISと同じくレンズシフト式手ブレ補正機構付きの光学6倍ズームレンズ(35ミリ換算は36〜216ミリ、A720 ISは35〜210ミリ)を搭載、デジタルズームの「セーフティズーム」使用時には35ミリ換算504ミリまでの超望遠撮影が行えるほか、1センチまでのマクロ撮影にも対応する。

photophoto

 撮像素子は1/2.3型 有効1000万画素CCD(A720 ISは1/2.5型 有効83万画素CCD)で、背面液晶のサイズも3.0型/23万画素(A720 ISは2.5型/11.5万画素)へと大画面・高精細化が進められている。

 A1000 ISもA590 ISと同じく、レンズシフト式手ブレ補正機構付きの光学4倍ズームレンズ(35ミリ換算は35〜140ミリ)を搭載。セーフティズーム使用時には35ミリ換算317ミリ相当の望遠撮影が行える。マクロ撮影時には最短3センチまで接近できる。撮像素子はA2000 ISと同様の1/2.3型 有効1000万画素CCDを搭載する。

photophotophoto

 A720 ISとの変化が最も大きいのはボディデザイン。バッテリーグリップ部分のフラット化と3つのカラーバリーション(ブラウン/ブルー/パープル)によって、薄さがより感じられる軽快なフォルムに進化した。

 いずれにも画像処理エンジンは「DIGIC III」。顔認識機能「フェイスキャッチテクノロジー」が搭載されており、背面の専用ボタンワンプッシュで、顔優先AF/AE、赤目補正、顔優先FE、顔優先AWBといった機能が利用できる。また、撮影時にカメラが自動的に最適な設定を行う「らくらくモード」が利用でき、暗いシーンやマクロの撮影時にもカメラ任せできれいな写真が撮れる。らくらくモード選択時には利用できるボタンが限定されるため、操作性も向上するほか、誤操作も防止できる。

 電源にはいずれも単三形乾電池が利用可能で、A2000 ISはアルカリ乾電池で約240枚、ニッケル水素電池で約550枚の撮影が行える(CIPA規格)。A1000 ISはアルカリ乾電池で約220枚、ニッケル水素電池で約650枚の撮影が行える(いずれも液晶表示時、CIPA規格)。対応メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)/MMC/MMCplus/HC MMCplus。サイズはA2000 ISが101.9(幅)×63.5(高さ)×31.9(奥行き)ミリ/約185グラム(本体のみ)、A1000 ISが95.4(幅)×62.4(高さ)×31(奥行き)ミリ/約155グラム(本体のみ)。

関連キーワード

PowerShot | キヤノン | 顔検出AF | デジカメ | 乾電池


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.