ニュース
» 2008年08月26日 17時59分 UPDATE

パナソニック、プラズマVIERA「PZ800」シリーズに65V型と58V型を追加

パナソニックは、プラズマテレビ“VIERA”の新製品として「TH-65PZ800」「TH-58PZ800」の2機種を9月10日に発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは8月26日、プラズマテレビ“VIERA”の新製品として「TH-65PZ800」「TH-58PZ800」の2機種を発表した。価格はオープンプライス。9月10日に発売する予定だ。

photo 「TH-65PZ800」(左)と「TH-58PZ800」(右)

 PZ800シリーズは、今年3月に発表された現行モデル。現在は42V型、46V型、50V型の3機種をラインアップしているが、より大きな2機種が追加されることになる。先行した3機種と同様、ダイナミックブラックレイヤー採用の新世代プラズマパネルを搭載しており、コントラスト比は3万:1(最大100万:1)となる。

 チューナーは、地上/BS/CS110度デジタル×2基。最大19チャンネル12時間分を一覧できる電子番組表「ワイドインテリジェントテレビ番組ガイド」を備え、ユーザーの視聴履歴から“おすすめ番組”を教えてくれるインテリジェント機能なども盛りこんだ。またネットワーク機能では、フル画面表示が可能なVoDサービス「アクトビラ ビデオ フル」までサポートしている。

 HDMI端子は4系統で、うち1系統を前面に装備した。1080/24p入力に対応するほか、HDMI CECを利用するビエラリンクに対応。対応レコーダーと接続した場合、テレビのビエラリンクメニューから録画番組一覧を表示したり、Blu-ray Discの一発再生などが可能だ。対応するラックシアターとの組み合わせでは、視聴中の番組ジャンルに合わせたサラウンドモードを自動的に選択してくれる。

 そのほかのインタフェースは、D端子×2、ビデオ入力×4(うち2系統にS端子)、ミニD-Sub 15ピン、i.LINK×2、光デジタル音声出力など。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう