ニュース
» 2008年08月27日 15時56分 UPDATE

ソニー、圧縮音源の音質を「向上」させるAVアンプ「TA-DA5400ES」

ソニーがAVアンプの新製品3製品を発売。低ジッタのデコードエンジンを備えるほか、上位機種は音楽ソースの情報を最大限に引き出す新技術を実装した。

[ITmedia]

 ソニーは8月27日、AVアンプ「TA-DA5400ES」「TA-DA3400ES」「STR-DG820」を11月20日より、SACDプレーヤー「SCD-XA5400ES」を10月20日より販売開始すると発表した。価格はTA-DA5400ESが26万2500円、TA-DA3400ESが13万6500円、STR-DG820が8万4000円。SCD-XA5400ESが17万6400円。

photophotophoto 左から「TA-DA5400ES」「TA-DA3400ES」「STR-DG820」

 AVアンプ3製品はいずれも「第2世代 低ジッタ型・ロスレスデコードエンジン」を搭載しロスレス音声デコード時のジッタを低減するほか、TA-DA5400ESは第3世代、TA-DA3400ESとSTR-DG820は昨年夏に発表された「TA-DA5300ES」と同等の第2世代“広帯域パワーアンプ”を搭載することで、位相変化と音の濁りが少ないサウンドを実現した。

 上位モデルのTA-DA5400ESはドルビーデジタルやDTS、MPEG-2 AACなどの圧縮音源やCDに含まれる可聴領域外のノイズを補完あるいは音質阻害要因を除去することで「ソースに納められているオーディオ情報を最大限に取り出す」(同社)、新技術である「デジタル・レガート・リニア」を実装する。マスタークロックに含まれるジッタを除去する「ジッタ・エリミネーション」、制御伝送技術「H.A.T.S.」のHDMI版である「H.A.T.S. for HDMI」、32ビットDSC−DSC変換機能もTA-DA5400ESのみが備える。

 TA-DA5400ES/TA-DA3400ESはGENESIS社製ファロージャLSIによる1080pまでのアップスケーリングが可能なほか、オリジナルGUIを搭載。全モデルとも音場補正を自動で行う「D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」やウォークマンを接続できるデジタルメディアポートを備える。STR-DG820のみ、AM/FMチューナーを搭載する。

 定格出力はTA-DA5400ESが120ワット×7、TA-DA3400ESが100ワット×7、STR-DG820が85ワット×7(いずれも8オーム時)。主なインタフェースはTA-DA5400ESがHDMI入力×6/コンポジット入力×5/コンポーネント入力×3、ライン音声入力×4など、TA-DA3400ESがHDMI入力×4/コンポジット入力×5/コンポーネント入力×3、ライン音声入力×4など、STR-DG820がHDMI入力×4/コンポジット入力×4/コンポーネント入力×3、ライン音声入力×4など。

photo 「SCD-XA5400ES」

 SACDプレーヤー「SCD-XA5400ES」は高い性能を持つD/Aコンバーター「スーパーオーディオD/Aコンバーター」の搭載でゆがみの平準化とノイズの発生を低減。D/Aコンバーターからの出力をダイレクトに出力する回路構成が採用されており、アナログのバランス端子も備える。同時発表のAVアンプ「TA-DA5400ES」とHDMI接続すれば、SACDのDSD信号をダイレクトに伝送可能で、H.A.T.S.によるジッタ制御も同時に行える。VAIOなどで制作可能なDSDディスクの再生も行える。

関連キーワード

AVアンプ | ソニー | HDMI | SACD | 新技術 | GUI | 高音質 | ウォークマン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう