ニュース
» 2008年08月27日 17時03分 UPDATE

ニコン、ハイビジョン動画撮影対応のデジタル一眼レフ「D90」

ニコンがD80の後継となるミドルクラス「D90」を発表。1230万画素CMOS搭載でハイビジョン動画も撮影可能だ。

[ITmedia]
photo 「D90」

 ニコンは8月27日、デジタル一眼レフカメラ「D90」を9月19日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、ボディのみの実売想定価格は12万円前後。レンズセットは「D90 AF-S DX 18-105G VRレンズキット」「D90 AF-S DX 18-55G VR レンズキット」「D90 AF-S DX VR 18-200G レンズキット」の3種類で、実売想定価格は「D90 AF-S DX 18-105G VRレンズキット」が17万円前後、「D90 AF-S DX 18-55G VRレンズキット」が13万5000円前後、「D90 AF-S DX VR 18-200G レンズキット」が21万円前後。

 なお、レンズ「AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR」とストロボ「SB-400」、限定ストラップが付属する「D90 アニバーサリーキット」も販売される。こちらの実売想定価格は18万円前後。

 新製品は既存ミドルクラス機「D80」の後継となる製品で、ハンドリングに優れたサイズのボディに、新開発の有効1230万画素「ニコンDXフォーマット」CMOSセンサーを搭載(画素サイズは23.6×15.8ミリ)する(レビュー:小型軽量ボディに多機能を凝縮――ニコン「D80」)

photophotophoto

 画像処理コンセプト「EXPEED」に基づいた処理系によって高感度撮影時のノイズ低減やコントラスト拡張「アクティブD-ライティング」の高速化などが図られており、ISO感度は200〜3200だが、感度増感によってISO6400相当までの増感が行える。

 レンズ交換式デジタル一眼レフとしては「世界で初めて」(同社)という、動画撮影機能「Dムービー」を搭載。最大1280×720ピクセル(720p)のハイビジョン映像を撮影できる(ファイル形式はAVI)。望遠や広角、魚眼など各種交換レンズを装着しても動画の撮影に問題はないが、ピントあわせはマニュアルとなる。フレームレートは24fpsで、サイズは1280×720のほか、640×424、320×216を選択できる。

 ライブビューは専用ボタンを押すだけで利用可能となっており、利用時にはコントラストAFのほか、顔認識機能によって顔認識AFも行える。最大5人までをカメラが認識するが、ピントをあわせるのはカメラに最も近いと判断された顔となっている。アクティブD-ライティングは、より強め/強め/標準/弱め/しないと効き目が選択できるほか、オートも選択できる。本機能のON/OFFを切り替えて連続2コマを撮影するブラケティング撮影も可能だ。

photophoto 11月に販売開始されるGPSユニット「GP-1」と到着時。GP-1はD90のほか、D3/D700/D300/D2シリーズ/D200で利用可能

 背面液晶は3型(約92万画素/VGA)で、ファインフダーの視野率は上下左右約96%、倍率0.94倍。AFシステムは、11点のフォーカスエリアを持つ「マルチCAM1000オートフォーカスセンサーモジュール」を採用。本体内に画像補整機能も備えており、傾きの補正やレンズ収差を吸収するゆがみ補正、魚眼レンズを利用したような効果を得られる魚眼効果など13種類の編集機能を内蔵している。連写速度は約4.5枚/秒、連続100枚(JPEG、画質モードNormal/画像サイズL)。

 レンズマウントはニコンFマウント(AFカップリング、AFレンズ接点付き)で、記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)。本体サイズは約132(幅)×103(高さ)×77(奥行き)ミリ、約620グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.