連載
» 2008年09月01日 09時57分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:柴咲コウのアクションと目力を見よ――「少林少女」

ラクロス版「少林サッカー」……はちょっと言い過ぎだが、主演の柴咲コウの努力をぜひ見てほしいアクション映画。

[本山由樹子,ITmedia]

少林少女 コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)

photo

 「踊る大捜査線」の本広克行監督、「少林サッカー」のチャウ・シンチー製作総指揮、柴咲コウ主演の強力トリオによるカンフー・アクション「少林少女」が、11月5日にコレクターズ・エディションとしてBlu-ray Disc化。

 本編ディスクには特報、OFF電特報、劇場予告編、TVスポット集、特典ディスクにはアクションシーン解説付きのメイキング、VFXメイキング、柴咲コウと仲村トオルのインタビュー、完成披露試写会、初日舞台挨拶など、約120分を収録している。

 中国の少林拳武術学校で修行を終えた凛(柴咲コウ)が、日本に帰国。凛は日本に少林拳を広めようとするが、祖父が経営していた道場は廃墟と化しており、途方に暮れる。失意の中、かつての師・岩井が営む中華料理店を訪れた凛は、バイトの女子大生が少林拳を習うことを交換条件に、彼女が通う大学のラクロス部の助っ人になる。

 初試合に挑んだ凛は、驚異的な運動能力を発揮してフィールドを縦横無尽に駆けめぐる。だが、高速シュートは何度やっても思うように決まらず、個人プレーが過ぎて、コーチになった岩井にメンバーから外されてしまう。

 外された理由が分らない凛だったが、たまたま遊びでやった少年サッカーでチームワークの大切さを学ぶ。ラクロス部に復帰した凛の活躍は目覚しく、また、メンバーが少林拳を学ぶために集まり、道場は賑わいを取り戻す。順風満帆に見えたが、大学学長が彼女の前に強大な敵として出現。彼は武術の達人で、最強の相手を求めていたのだ。卑劣な大学学長と凛のガチンコ・バトル、果たして勝つのはどっちだ!?

 チャウ・シンチーがスタッフに参加しているということで、「少林サッカー」の“鎧の肌”役ティン・カイマンと、“軽功”ラム・チーチョンが中華食堂の従業員役で登場。大学職員役の岡村隆史とベタベタなギャグの応酬を繰り広げ、さすがのカンフー技を見せてくれる。ワイヤーとVFXを駆使し、躍動感あふれるラクロスプレーや格闘シーンも見ものだ。

 前半はラクロス版「少林サッカー」だが、学長の陰謀が絡んでくる後半は全く別物。1本で2本の作品を見ているようでお得な感じもするが、前半と後半の物語が上手く橋渡しできていないのと、イマイチ笑いえない場面が多いので、ビミョーな雰囲気が漂う。むしろラクロス版「少林サッカー」に徹していれば、もっと面白くなったはずなのに。

 だが、本作はあくまで主演の柴咲コウを見るための映画なのだ。1年間のトレーニングを積んだというアクションシーンはホントに努力賞ものだし、身体能力の高さと、目力の強さに、ファンでなくとも思わず引き込まれてしまう魅力がある。役名同様、その凛としたたたずまいにホレボレすること間違いなしだ。

関連サイト:http://www.shaolingirl.jp/blog/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

少林少女 コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)
発売日 2008年11月5日
価格 6300円
発売元 ギャガ・コミュニケーションズ/クロックワークス
販売元 ジェネオン エンタテインメント
スタッフ 監督:本広克行/製作総指揮:チャウ・シンチー
出演 柴咲コウ、仲村トオル、岡村隆史、江口洋介
上映時間 107分
製作年度 2008年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビートゥルーHD/5.1chサラウンド/日本語 (2)ドルビートゥルーHD/2.0chステレオ/日本語
特典 特報/OFF電特報/劇場予告編/TVスポット集/メイキング・オブ・「少林少女」/VFXメイキング/インタビュー集/完成披露試写会/初日舞台挨拶

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう