ニュース
» 2008年09月01日 15時37分 UPDATE

タムロン、デジ一眼専用の10-24ミリ超広角ズームレンズ

タムロンが35ミリ換算で16〜37ミリという画角をカバーする超広角ズームレンズを発売。

[ITmedia]
photo 「SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII LD Aspherical[IF]」(Model B001)

 タムロンは9月1日、デジタル一眼レフ(APS-Cサイズ)専用広角ズームレンズ「SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII LD Aspherical[IF]」(Model B001)を9月27日より販売開始すると発表した。価格は7万1400円。まずはニコン用が販売され、キヤノン/ソニー/ペンタックス用も順次販売される。

 35ミリ換算で16〜37ミリという画角をカバーする超広角ズームレンズ。ズーム全域で最短撮影距離0.24メートルを実現するほか、テレ側での最大撮影倍率はクラス最大の1:5.1(f=24ミリ時)となる。LDレンズ2枚、ガラスモールド非球面レンズ1枚、複合非球面レンズ3枚を含む9群12枚で構成されており、収差補正を図ったほか、周辺光量の低下を抑制している。

 既存の超広角ズームレンズ「SP AF11-18mm F/4.5-5.6 DiII」(Model A13)に比べると、光学側の焦点距離拡張や倍率拡大、小型軽量化など各種改良が進められながらフィルターサイズは同じく77ミリが採用されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.