ニュース
» 2008年09月01日 18時05分 UPDATE

東日本玩具見本市:撃って止める目覚まし、ミラーボール付きカラオケ──これから登場する注目の玩具たち (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ミルクとハイミルクの違い

 明治製菓のお菓子をモチーフにしたパズルをご存じだろうか? 

photo 展示ブースは、ほぼお菓子売り場。でも食べられません

 明治製菓とパズルメーカーのハナヤマがコラボレーション。「カール」や「アポロチョコレート」「きのこの山」など、おなじみのお菓子を立体パズルにした。現在は全10アイテムをそろえている。

 この「明治パズルシリーズ」、パッケージだけではなく、パズル自体もお菓子のイメージを忠実に再現しているところがユニークだ。例えば「明治ミルクチョコレートパズル」は、正方形のチョコが5個つながった形状のピースを使用するのだが、明治製菓が監修して色も形もかなり本物に近づけているという。

photophoto 「明治ハイミルクチョコレートパズル」。おいしそうだけど、食べられません

 10月下旬に発売される「明治ハイミルクチョコレートパズル」(714円)も、板チョコなので基本的なスタイルはミルクチョコレートと同じ。ただし、ミルクチョコレートよりも色が薄く(ミルクが多いから)、チョコの形も長方形になっている。購入したら、実際のチョコレートと見比べてみたい。

写真で見る「痛車(いたしゃ)」

 最後に取り上げるのは、初のラジオコントロール「痛車(いたしゃ)」として注目を集めたシー・シー・ピーの「きゃらコン」。既に発表記事を掲載しているが、「もっと大きな写真が見たい」というご要望に応え、さまざまな角度から撮影してきた。

photophotophoto 「きゃらコン マクロスF シェリル・ノーム 三菱ランサーエボリューション VIII」 (c)2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS
photophotophoto 「きゃらコン マクロスF シェリル・ノーム 三菱ランサーエボリューション VIII」
photophotophoto 「きゃらコン マクロスF ランカ・リー スバル インプレッサ WRX」
photophotophoto 「きゃらコン マクロスF ランカ・リー スバル インプレッサ WRX」
photophoto 後ろにあるのは付属のデカール(展示用に拡大されています)
photophoto コントローラはホワイトとピンクのツートンカラー(左)。パッケージ(右)

 「きゃらコン」は、同社の「リアルドライブ ミニ」をベースに「マクロス F(フロンティア)」のヒロイン「ランカ・リー」と「シェリル・ノーム」を大胆にデザインした1/28スケールのラジオコントロールカー。付属の水転写デカールをはる方式のため、ユーザーの好みでアレンジすることもできる。価格は各4500円。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう