コラム
» 2008年09月03日 11時00分 UPDATE

小寺信良の現象試考:オーディオ業界に3日で絶望した男が業界を救う話 (1/3)

“マニア禁制”オーディオイベントとして認知度を高めている「my-musicstyle」。iPodなどを持ち込めばその楽曲を本格的な機材で気軽に楽しめるこのイベントの中心にいたのは、オーディオ業界に3日で絶望した男だった。

[小寺信良,ITmedia]

 8月の最後の土日、ちょっと変わったオーディオイベント「my-musicstyle」が開催された。普通のオーディオ試聴イベントとは違い、「マニア禁制」をうたうこのイベント、以前からそのスタンスに興味があったので、足を運ぶことにした。

 会場となった恵比寿のSPAZIO1は、ちょっとコジャレた新製品の発表会などでメーカーが使いそうな、イベントスペースだ。オーディオイベントと聞いて、各出展者がブースを設けているようなイメージを抱いていたのだが、実際には壁沿いにコンポーネントしたオーディオセットが並び、希望者が順番に視聴できるという、オープンなスタイルの試聴会のような雰囲気である。

photo 「my-musicstyle」会場となったSPAZIO1

 来場者にはドリンクが配られ、浴衣の女性スタッフが華を添える。マニア禁制というだけあって、視聴される音楽もオールドロック、メタル、J-POPなど、まずオーディオ専門店のフロアでは流れないジャンルのものばかり。すべて来場者が持ち込んだものである。

 持ち込み方もさまざまで、CDを持ってくる人は少なく、多くはiPodだったりiPhoneであったり。たまに音質を気にする人がケンウッドのデジタルオーディオプレーヤーを持ち込む程度である。各システムにはiPod用クレードルがあらかじめ用意されている。

photo 試聴ソースはやはりiPodが多い

 会場の2/3がオーディオコンポ、残り1/3がヘッドフォンコーナーになっている。コンポの視聴は順番に1人ずつだが、ヘッドフォンの試聴は空いていればいつでも聴ける。各製品は製品名こそ分かるようにはなっているが、値札もなく、販売店の表示もない。名刺交換するような場面もなく、いわゆる「販促」を目的としたイベント臭さがない。

photophoto 一風変わったセットも(写真=左)、ハイエンドではおなじみのヘッドフォン(写真=右)

 「オーディオ」そのものがマニアのものと化して、マーケットが硬直化しているという話は、以前からよく聞いていた。唯一元気があるのがヘッドフォンだが、これは音楽を聴く主体が動かせないオーディオセットから、ポータブルなものへと移行した証拠であろう。

 このイベントの実行委員長である、黒江昌之氏にお話を伺った。

オーディオ暗黒時代

黒江氏: 「そもそもこのイベントの発端は、単なる飲み会からだったんです。業界で若いやつが20人ぐらい集まったときに盛り上がって、何かやりたいよね、イベントやりたいよね、と。それで銀座でやったのが、my-musicstyleの最初ですね。告知も全然できてなかったんですけど、予想以上に人がたくさん来て、驚きました。」

photo 実行委員長の黒江 昌之氏。浴衣姿でイベントを盛り上げる

 イベントの中心となる黒江氏は、東急田園都市線・あざみ野にある「ザ・ステレオ屋」というオーディオショップの2代目である。ここで販売業務をこなす傍ら、音楽雑誌「BURRN!」などにもレビューを寄稿するライターでもある。しかしmy-musicstyleの賛同社に販売店は意外に少なく、主体はメーカーや輸入商社である。最初は仲の良い営業さんと始めたが、回を重ねていくうちに上の方まで話が行って、今では公認イベントとなったメーカーも多い。最初10社で始めたこのイベントも、今回は30社にまで膨らんだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.