ニュース
» 2008年09月10日 19時02分 UPDATE

5種類のデジタルコンテンツを一元管理するライフログ「Life-X」

ソニーマーケティングが写真や動画、ブログなど5種類のデジタルデータを一元管理するライフログサービス「Life-X」を開始。YouTubeやはてブなどに蓄積したデータとの連携も行える。

[ITmedia]
photo 「Life-X」

 ソニーマーケティングは9月10日、画像や動画、メモ、WebクリップなどさまざまなデジタルデータをWebブラウザ上で管理できる“ライフログ・シェアリングサービス”「Life-X」を10月中旬より開始すると発表した。

 Life-Xは写真/動画/ブログ/メモ/Webクリップという5種類の入力されたデジタルデータ/コンテンツを管理可能で、入力されたデータ/コンテンツは日付/時間/場所などさまざまな軸から整理、閲覧可能なかたちで提供される。

 PCはもちろん、携帯電話やプレイステーション3、PSP、同社薄型テレビ「BRAVIA」(アプリキャスト機能対応機種に限る)などからもサービスを利用可能だ(家電機器からの利用については、利用できる内容について一部制限あり)。フレンドリスト機能も備えており、知人間でのコンテンツ共有が行える。

 既存Webサービスとの連携も可能。画像についてはFlickrやPicasaWebアルバム、フォト蔵。動画についてはYoutube、eyeVioにアップした画像/動画をLife-Xへひもづけられる。はてなブックマーク、Yahoo!ブックマークといったソーシャルブックマークも取り込める。

 10月中旬の正式サービス開始に先駆け、9月25日からは人数を制限してのクローズドテストが行われる。制限人数は500名で、応募者多数の場合は抽選となる。

photophoto

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう