ニュース
» 2008年09月12日 15時00分 UPDATE

ありそうでなかった!?:ナナオ、裏返すとリモコンになるワイヤレスマウス「C@T-one」

「C@T-one」はPCを操作しながら、テレビを“ながら視聴”するスタイルに最適化したリモコン一体型ワイヤレスマウスだ。

[ITmedia]
tm_0809ct01.jpg 「C@T-one」には“The computer and the TV come together as one.”の意味を込めたという

 ナナオは9月12日、リモコン機能付きのワイヤレスマウス「C@T-one」(キャット・ワン)を発売した。同社直販サイトのEIZOダイレクトと直営店のEIZOガレリア、および一部のパートナーショップで取り扱う。価格はオープン、EIZOダイレクトでの直販価格は1万2600円だ。

 C@T-oneはスクロールホイールを搭載した3ボタン式のワイヤレス光学マウス。2.4GHz帯の電波方式に対応し、付属のUSB受信機をPCに装着すれば、ワイヤレスマウスとして利用できる。マウスの分解能は1000dpi、通信範囲は半径10メートルだ。OSはWindows 2000/XP/Vista、Mac OS X 10.3.9以降に対応する。

 ユニークなのは本体の裏面にAV機器用の赤外線リモコン機能を備えていること。本体を裏返すと内蔵の傾きセンサによりマウス機能がオフになり、リモコンとして使用することが可能だ。リモコン操作は、ナナオの液晶ディスプレイやテレビをはじめ、主要メーカーのテレビ、ビデオレコーダー、デジタルチューナー、CATVチューナーに対応する。

 リモコン用のボタンは、電源、チャンネル切り替え、音量調整、消音、放送切り替え、入力切り替え、PinPを用意している(PinPボタンが使えるのはナナオのPinP搭載機種のみ)。各機器に対応したリモコンコードは本体のボタンを押すことで設定できるほか、付属のリモコン設定ソフトウェアをインストールすればPCの画面上でも行える。

 マウスは単三形乾電池2本で動作し、アルカリ乾電池使用時で約3カ月の電池持続時間をうたう。本体サイズは83(直径)×32.9(高さ)ミリ、重量は約120グラムだ。

tm_0809ct02.jpgtm_0809ct03.jpgtm_0809ct04.jpg 表面は通常のマウス(写真=左)。裏面にリモコン用のボタンを配置している(写真=中央)。側面には黒いラインが入っていて、デザインのアクセントになっている(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう