ニュース
» 2008年09月17日 13時00分 UPDATE

DiGiC 4&広角28ミリの「G」――「PowerShot G10」

マニュアル撮影派に人気のコンパクト「PowerShot G」が「G10」に進化。DiGiC 4で処理能力を高めたほか、レンズは待望の28ミリスタートに変更された。

[ITmedia]

 キヤノンは9月17日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G10」を発表した。10月中旬から販売開始の予定で、価格はオープン。実売想定価格は6万円前後。

photo 「PowerShot G10」

 2007年8月に発表された「PowerShot G9」の後継となる製品。基本的な外観に変更はないが、新たに露出補正ダイヤルを新設。上部には露出補正/ISO/モード変更ダイヤルの3つ、背面にはコントロールホイールを配するレイアウトとなったことで、操作性を向上させている。

photophoto

 撮像素子は1/1.7型 有効1470万画素CCD(G9は1/1.7型 有効1270万画素)で、レンズはレンズシフト式手ブレ補正機構(IS)付きの光学5倍ズームレンズ。光学ズーム倍率はG9の6倍から低下したが、35ミリ換算28〜140ミリとよりワイド端に振られている(G9は35〜210ミリ)。手ブレ補正機構はシャッタースピード4段分の補正効果を持つ。

 画像処理エンジンは「DiGiC 4」。ノイズリダクション回路の改良によって高ISO設定時のノイズが低減されたほか、暗部補正によって逆光や光量不足の部分を明るく補正することが可能となった。顔認識機能についても、顔優先AF/AE/FE/WBが利用可能。サーボAFも顔認識と連動させて利用できる。

 パッケージにはRAW現像ソフト「Digital Photo Professional」が付属。RAW撮影した画像のホワイトバランス、露出、色温度、コントラスト、色の濃さ、シャープネス、トーンカーブ、ノイズ緩和処理の各パラメーターを調節できる。

 本体サイズは109.1(幅)×77.7(高さ)×45.9(奥行き)ミリ、350グラム(本体のみ)。記録メディアはSD/SDHCメモリーカード、MMC、MMCplus、HD MMCplus、付属バッテリー「NB-7L」使用時に約400枚の撮影が行える(CIPA規格)。なお、キヤノンイメージゲートウェイ登録会員のみ、ブラウン/レッド/イエローのソフトケース、ネックストラップ、リングアクセサリーキットが限定販売される。

photophotophoto キヤノンイメージゲートウェイ登録会員のみ販売されるブラウン/レッド/イエローのソフトケース

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.