ニュース
» 2008年09月24日 18時44分 UPDATE

ヤマハ、シングルウーファーのフロア型スピーカー「Soavo-3」を発表

ヤマハは、Hi-Fiスピーカー「Soavo」シリーズの新製品として3Way3スピーカーの「Soavo-3」とピアノフィニッシュの「Soavo-1(BP)」を発表した。

[ITmedia]

 ヤマハは9月24日、Hi-Fiスピーカー「Soavo」シリーズの新製品として3Way3スピーカーの「Soavo-3」を発表した。あわせて「Soavo-1」のバリエーションモデル「Soavo-1(BP)」をリリースしている。

製品名 Soavo-3 Soavo-1(BP)
ブラウンバーチ ピアノブラック
価格 13万8600円(1本) 21万円(1本)
発売日 10月下旬 12月下旬

 Soavo(ソアヴォ)は、イタリア語で“優美な”を意味するSoaveと“歌声”を意味するVoceを組み合わせた製品名。歌声にフォーカスしたチューニングとインダストリアルデザイナーの喜多俊之氏による独特の外観が特徴で、ドラマ「のだめカンタービレ」に登場したことでも知られる。

photo 外側が「Soavo-3」、内側が「Soavo-1(BP)」。「Soavo-3」は、「Soavo-1」と同じキャビネットを使用しながらウーファーが1つ少ないシングルウーファー仕様

 Soavo-3は、Soavo-1と同じキャビネットを使用しながらウーファーを1つ省略したシングルウーファー構成のフロア型システム。16センチ径のウーファーを最適な位置に配置してブックシェルフ型に匹敵する中音域のレスポンスと透明感、フロア型ならではの重低音を兼ね備えるという。

 音作りはブックシェルフ型のSoavo-2をベースにしながら、3Way構成ならではの中域密度感とスケール感をプラス。DC-ダイヤフラムツィーターやA-PMD(Advanced Polymer Injected Mica Diaphragm)のミッドレンジおよびウーファーを改良するとともにネットワークを新規に設計した。エンクロージャーは、内部の平行面をなくし、独自のスラントパーティションおよびバーチカルラダー補強を採用。定在波や回折現象の低減と剛性確保を両立させている。インピーダンスは6オーム。

 外形寸法は349(幅)×1051(高さ)×487(奥行き)ミリ。重量は26.5キログラム(1本)。

photo グランドピアノと同じ仕上げを施されたSoavo-1(BP)

 一方の「Soavo-1(BP)」は、ヤマハのグランドピアノに使われているものと同等の塗料と工程で丁寧に磨き上げた黒い鏡面加工が特徴。スピーカー構成は既存のSoavo-1と同じながら、各ユニットを改良するとともにネットワークにカスタムチューニングを施し、外装仕上げの違いによる音質の変化を吸収している。インピーダンスは6オーム。外形寸法は349(幅)×1051(高さ)×487(奥行き)ミリ。重量は29.5キログラム(1本)。

関連キーワード

ヤマハ | スピーカー | オーディオ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.