ニュース
» 2008年09月24日 22時08分 UPDATE

オリンパス、マイクロフォーサーズ準拠のデジタル一眼を開発

オリンパスイメージングは、マイクロフォーサーズ規格に準拠したレンズ交換式デジタル一眼カメラの開発を発表した。製品化時期など詳細は未定。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは9月22日、マイクロフォーサーズ規格に準拠したレンズ交換式デジタル一眼カメラの開発を発表した。製品化の時期、価格などの詳細は未定となっている。

photo

 マイクロフォーサーズ規格は、同社とパナソニックが8月5日に発表したフォーサーズシステムの拡張規格。フォーサーズシステムに比べ、フランジバック(撮像素子とマウントの間隔)を約半分に短縮したほか、マウント径(外径)を約6ミリ縮めたことで撮像素子はそのままにカメラ本体の小型軽量化を可能にしている。マウントの電気接点数は9点から11点に増やされており、拡張性も高くなっている。

photophoto

 なお、マイクロフォーサーズに準拠する製品としては、パナソニックが“LUMIX”「DMC-G1」を10月31日より販売開始すると発表している。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.