ニュース
» 2008年09月25日 11時30分 UPDATE

イメーション、ハイビジョン対応のホームサーバ「FlexLink」

イメーションは、HDD内蔵のホームサーバ「FlexLink」(フレックスリンク)シリーズを10月1日から順次発売する。HDMI端子を備え、HDD内の動画や画像をハイビジョンテレビで再生できる。

[ITmedia]
photo 「FlexLink」

 イメーションは9月25日、1080p対応のHDMI端子を備えたハイビジョン対応のホームサーバ「FlexLink」(フレックスリンク)シリーズを発表した。HDD容量が250Gバイトの「HD2800-250GB」を10月1日から、また500Gバイトの「HD2800-500GB」を11月中旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭では250Gバイト版が7万9800円前後、500Gバイト版は9万4800円前後になる見込みだ。

 ハイビジョンビデオカメラで撮影したムービーやデジカメ写真などを取り込み、テレビで再生できるホームサーバ。SDカードスロット、USB端子、および有線/無線LAN(IEEE802.11a/b/g)を搭載しており、GUIと付属のリモコンを使って各種コンテンツの取り込みや分類、再生が可能だ。取り込みおよび再生が可能なファイルは、MPEG-1/2/4、WMV9、JPEG、MP3、MPEG-4 AAC、WMA9、WMA Pro、WAV。

photo 「FlexLink」のGUI

 出力端子はHDMIとコンポジットで、音声出力用のアナログステレオおよび光デジタル端子も備えている。外形寸法は180×180×45ミリ。重量は約1キログラム。

 なお、イメーションではFlexLinkシリーズとして、HDDの一括バックアップ機能付きタイプを来年春に発売する予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう