ニュース
» 2008年09月26日 12時39分 UPDATE

JBL、乾電池駆動OKのiPhone対応スピーカー「JBL on station IIIP」

ハーマンインターナショナルが、iPhoneに対応したiPod用スピーカーシステム「JBL on station IIIP」を発売。乾電池駆動も行える。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは9月26日、JBLのiPod用スピーカーユニット「JBL ON STATION IIIP」を10月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万5000円前後。

photo 「JBL on station IIIP」

 第4世代以降のDcokコネクタ搭載iPodならびにiPhone(iPhone 3G)での利用が可能なスピーカーユニット。先日発表された第4世代iPod nanoにも対応する。背面には外部入力端子(3.5ミリステレオミニ)も用意されており、iPod shuffleやCDプレーヤーなどを接続できる。

 「JBL on station III」と同様、付属ACアダプターのほか単三形乾電池による駆動も可能となっており、室内はもちろん、キャンプなどアウトドアシーンでも活用できる。付属リモコンでは音量調節のほか、再生/停止や選局が行える。

 搭載するドライバーは、強い磁力を持つネオジウムマグネットや独自開発のアルミコーンを備えた25ミリフルレンジの「Odyssey」。円盤状のボディには、このOdysseyが4基搭載されており、総合20ワットのデジタルアンプによって駆動される。カラーはブラックのみで、サイズは190(直径)×50(高さ)ミリ、510グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう