ニュース
» 2008年09月26日 13時05分 UPDATE

JBL、シンプル&高音質のiPhone対応スピーカーユニット

ハーマンインターナショナルがシンプル&高音質を特徴とするJBLのiPod用スピーカーユニット「JBL on station 200iD」を発売。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは9月26日、JBLのiPod用スピーカーユニット「JBL on station 200iD」を10月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万2000円前後。

photophoto 「JBL on station 200iD」

 新製品はiPhone(iPhone 3G)ならびに、利用が可能なスピーカーユニット。先日発表された第4世代iPod nanoを含む第4世代以降のDcokコネクタ搭載iPodでの利用に対応するスピーカーユニット。Universal Dcokアダプタに対応するため、iPod本体を買い換えても本製品は引き続き利用できる。

 「JBL on time 200iD」と似たボディデザインながら機能を音楽再生のみに絞り込むことで、音響的に必要なスペースを確保しつつ、十分な省スペース化を実現した。ドライバーは35ミリフルレンジドライバー「Phoenix」を2基搭載し、4オクターブ以上に渡っての高品位な音楽再生を可能としている。

 カラーはホワイトとブラックの2色。パッケージには、音量調節のほか再生/停止や選局が行えるリモコンが付属する。背面には3.5ミリステレオミニ端子が用意されており、iPod shuffleなどDock接続できないプレーヤーを組み合わせることができる。サイズは360(幅)×67(高さ)×111(奥行き)ミリ、650グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう