連載
» 2008年09月29日 15時22分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:アカデミー賞4部門受賞の話題作――「ノーカントリー」

静けさの中に恐さあり。コーエン兄弟が手掛けた不条理サスペンスがBlu-ray Discで登場。

[本山由樹子,ITmedia]

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)

photo

 現代アメリカ文学界を代表する作家、コーマック・マッカーシーが2005年に発表した犯罪小説「血と暴力の国」を、「ファーゴ」などで知られるコーエン兄弟が映画化したサスペンス・ドラマ「ノーカントリー」が、12月5日にスペシャル・コレクターズ・エディションとしてBlu-ray Disc化。

 特典は8月8日に発売されたDVD版と同じ。メイキング映像、コーエン兄弟との仕事、保安官の日記などキャストらのインタビューと撮影風景で構成され、計39分を収録。その中で、コーエン兄弟は殺し屋のおかしなヘアスタイルにも言及している。

 舞台は1980年代のテキサス。妻とともに貧しい暮らしをしているベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)が、荒野で大勢の男の死体と、放置された麻薬と大金を発見する。人生を変えるチャンスとばかりに危険を承知で大金を持ち去るが、これが恐怖の始まりだった。

 組織に雇われた殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)は空気銃とショットガンを持って、金に仕掛けられた発信機を頼りにモスの追跡を開始する。一方、法と正義を信じる保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、モスを保護して、暗殺者を捕まえるため、2人の行方を追う。

 第80回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、脚色賞のほか、ハビエル・バルデムが助演男優賞を受賞した。

 殺し屋は遭遇した人間をシステマティックに惨殺していき、それを捕まえようとする保安官は成す術がなく無力である。ひたすら静かな展開で、後味の悪さでいえば、最近の作品の中では群を抜いている。だが、静けさの中に、社会の不条理といった恐さも潜む。原題は「ノーカントリー・フォー・オールドメン」。引退を決意している古き良き保安官にとって、もはや居場所(故郷)はないといったところか。

 恐いといっても、コーエン兄妹の作品には、いつもどこかにユーモアがある。本作では、オカッパ頭のハビエル・バルデムがそれにあたる。残酷でありながらどこか滑稽(こっけい)な人物造形が強烈な印象を残す。俳優たちの好演も光るオスカー受賞作品、未見の人はBlu-ray Discでぜひチェックしてください。

 ちなみにコーエン兄弟監督の最新作はベネチア国際映画祭のオープニングも飾った「バーン・アフター・リーディング(原題)」。ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジョン・マルコヴィッチ共演のクライム・コメディで、全米では9月に公開され初登場No.1を記録。日本公開は来年の予定。

関連サイト:http://www.nocountry.jp/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)
発売日 2008年12月5日
価格 4935円
発売元 パラマウント ジャパン
販売元 パラマウント ジャパン
スタッフ 監督・製作・脚色・編集:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演 トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデム
上映時間 122分(本編)
製作年度 2007年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビートゥルーHD/5.1chサラウンド/英語 (2)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
特典 「ノーカントリー」メイキング/コーエン兄弟との仕事/保安官の日記

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう