ニュース
» 2008年10月03日 13時25分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2008:「スカパー!HD録画」用HDDにDMM専用STB、アイ・オーが展示

10月1日に放送を開始した「スカパー!HD」。アイ・オー・データ機器は、さっそく専用の録画用NASを投入する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 アイ・オー・データ機器ブースには、スカイパーフェクト・コミュニケーションズが10月1日に放送を開始した「スカパー!HD」の録画用NAS(Network Attached Storage)など、いくつかのデジタル家電製品が参考展示されている。

photophoto スカパー!HD録画に対応する「HVL1-G」(参考出品)。価格は未定

 スカパー!HDは、東経124/128度通信衛星を使用するハイビジョン放送。映画やスポーツ、PPVなど15チャンネルで放送を開始しているが、来年10月にはさらに約70チャンネルを追加する計画だ。

 スカパー!HDでは、従来より圧縮効率の高いMEPG-4 AVCを使用するため、視聴するには新しい専用チューナーが必要になる。ソニーとスカパー!ブランド(ヒューマックス製)の製品が用意されており、このうちスカパー!のチューナーでは、ネットワーク経由で放送ストリームをそのまま外部機器に記録する「スカパー!HD録画」が利用できる。

 すでに東芝がDVDレコーダー「VARDIA」の新シリーズでスカパー!HD録画への対応を明らかにしているが、より手軽なソリューションとしてNASの登場にも期待がかかる。今回、アイ・オー・データ機器が展示した「HVL1-G」は、その第1弾となりそうだ。

 HDD容量は500Gバイト(予定)で、同社によるとチューナーのファームウェアアップデート(スカパー!HD録画対応)が行われる11月以降の発売を目指すという。価格は未定だ。

 チューナーとの接続はイーサネットケーブル1本。EPGで録画予約する際、録画先としてHVL1-Gを指定するだけでストリーム記録が行える。ただし、HVL1-Gに録画した番組を外部接続機器にムーブするといった機能は備えていない。

日立「Wooo」で3.5インチ「iVDR」を使うアダプター

 iVDRブースのリポートで「iV Player」を取り上げたが、アイ・オー・データ機器ブースでは日立製作所「Wooo」の「iVポケット」で3.5インチのiVDRを使用するためのアダプター「RHD-AVS」も参考出品していた。

photophoto 「RHD-AVS」(左)。Woooの別体チューナーのiVポケットに、横に置かれているアダプターを入れるとRHD-AVS内の3.5インチHDDに録画できるようになる

 日立のiVポケットは2.5インチHDDのiVDRを前提としており、3.5インチに比べると容量とコストの面で少し不利だ。そこで考えられたのがRHD-AVS。Woooの別体チューナーにあるiVポケットに2.5インチiVDR型のアダプターを挿入すると、アダプターから延びたケーブルを介してRHS-AVS本体の3.5インチHDDに録画できるようになるという。もちろんRHS-AVSのHDDも交換可能。録画データのムーブにも対応する。

 残念ながら発売は未定。CEATEC JAPANに展示して来場者の声を聞き、検討していくという。


photophoto 「AVel Link Player」ブランドのDMM.TV専用STB。アクトビラ用のSTBも展示されていた(左)。新型ドライブを搭載したBlu-rayドライブ「BRD-VH8」(右)

 このほか、DMMやアクトビラといったVoDサービスの機能をテレビに追加するアダプターや新型のPC用Blu-rayドライブ「BRD-VH8」、Mac対応のワンセグチューナーなど豊富な新製品を展示していた同社ブース。PC系の新製品については、PC USERの記事もあわせて参照してほしい。

関連キーワード

スカパー! | iVDR | CS放送 | NAS | STB | CEATEC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう