レビュー
» 2008年10月06日 14時45分 UPDATE

DiGiC 4でパワーアップ:超高画素か、広角か――定番コンパクト「IXY Digital 3000 IS/920 IS」 (1/8)

超高画質フルオート「IXY Digital 3000 IS」と、28ミリの広角「IXY Digital 920 IS」をまとめて紹介。強化された顔検出機能や使い勝手などを、たくさんの作例とともにチェックした。

[荻窪圭,ITmedia]

 キヤノンから、IXYの2008年秋冬モデルが登場した(→「DiGiC 4」でパワーアップしたIXY&PowerShot)。ちょっと整理してみよう。何しろ現在6モデルもあるのだ。

hi_DSC_0113.jpg 2008年秋冬モデル、左がIXY Digital 3000 IS。ブラックのほか、シルバーがある。さらに限定500台でレッドも。右がIXY Digital 920 IS。色は写真のゴールドのほかにシルバーがある。3000 ISは曲面が特徴的

 春に出たのが2ケタ型番の小型IXY(「IXY Digital 20 IS」「IXY Digital 25 IS」)。この2つは小型軽量が特徴の3倍ズーム。IXYの王道といっていい。「IXY Digital 95 IS」は3倍ズームで薄いけれども、モニターが3インチと大きめ。

 以上が2ケタ型番のモデル。続いて、そのちょっと上のランクに3ケタモデルがある。一足早く登場した「IXY Digital 820 IS」は望遠側を強化した製品。5倍ズームレンズを搭載している。

 そしてこの秋に登場した「IXY Digital 920 IS」(以下、920 IS)と「IXY Digital 3000 IS」(以下、3000 IS)である。

hi_DSC_0193.jpghi_DSC_0194.jpg 複雑な曲面と表面の質感が3000 ISの特徴(写真=左)。920 ISの特徴は操作部。曲線に沿って大きなボタンと十字キー兼ホイールが並んでいる(写真=右)

 望遠側を強化したのが820 ISなら、広角側を強化したのが920 ISで、28ミリ相当からの4倍ズームとなっている。2007年にヒットした「IXY Digital 910 IS」の後継機だ。

 4ケタモデルはCCDが違う。他のモデルは1/2.3〜1/2.5インチのCCDを使っているが、3000 ISはひとまわり大きい1/1.7インチCCDを採用。画質重視のハイエンドIXYというわけだ。

 それぞれ特徴はあるが、すべてのモデルに光学式手ブレ補正が搭載され、映像エンジンDiGiC(秋モデルからは新型のDiGiC 4)が搭載され、絵作りも同じで、どれを買ってもそれなりに安心して使える定番シリーズとなっている。

 そこから秋モデルの920 ISと3000 ISの2つをまとめてレビューである。

hi_DSC_0124.jpghi_DSC_0122.jpg 2台を並べて正面から。黒い方が3000 IS。3000 ISの方が若干大きめで、曲面が非常に凝っていて手に優しい。ただ、電池ブタのラインが正面から見えてしまっているのがデザイン的に残念
       1|2|3|4|5|6|7|8 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.