ニュース
» 2008年10月09日 19時40分 UPDATE

今度は声も出ます:キモかわいい「FACEBANK」が“どでか”くなった

バンプレストは「FACEBANK DODEKA」を11月下旬に発売する。従来比1.5倍の“どでか”サイズ。しかも、おなかを鳴らしたり、ゲップしたりするようになった。

[ITmedia]
photo 「FACEBANK DODEKA」。奥のFACEBANKと比較すると大きさがよく分かる(c)TAKADA

 バンプレストは10月9日、「キモかわいい」と評判の貯金箱「FACEBANK」に新シリーズ「FACEBANK DODEKA」(フェイスバンク どでか)を追加すると発表した。11月下旬に発売する。

 FACEBANKは、モダンアート作家の高田栄一氏がデザインした顔型貯金箱。手をかざすとセンサーが感知して自動的に口を開き、コインを“パクパク”とリアルな動きで食べる。

 新製品のFACEBANK DODEKAは、140(幅)×140(奥行き)×140(高さ)ミリと従来比1.5倍の“どでか”サイズ。おなかの容量も約4倍となり、500円硬貨なら約130枚まで食べられる。

 新たに音声機能を搭載。電源を入れると「グゥ〜」とおなかを鳴らし、コインを食べ終わると「げふっ」と“ゲップ”する。

 赤と白のカラーバリエーションがあり、価格は各4987円。対象年齢は15歳以上。

関連キーワード

貯金箱 | バンプレスト | かわいい | お金


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう