ニュース
» 2008年10月15日 15時20分 UPDATE

シャープ、“世界初”BDレコーダー内蔵液晶テレビ「AQUOS DX」

シャープが世界初となる、BDレコーダー内蔵液晶テレビ「AQUOS DX」を発売。「“AQUOSといえばBDがついている“と言われるぐらいプッシュする」という意欲作だ。

[ITmedia]

 シャープは10月15日、「世界初」というBlu-ray Discレコーダー内蔵型の液晶テレビ「AQUOS DX」シリーズを11月20日より販売開始すると発表した。26V/32V/37V/42V/46V/52Vの画面サイズが用意され、価格はいずれもオープン。

photo Blu-ray Discレコーダー内蔵の「AQUOS DX」シリーズ
製品名 画面サイズ 解像度 実売想定価格 カラー
LC-52DX1 52V型 1920×1080 50万円前後 ブラック/ホワイト
LC-46DX1 46V型 1920×1080 45万円前後 ブラック/ホワイト
LC-42DX1 42V型 1920×1080 38万円前後 ブラック/ホワイト/レッド
LC-37DX1 37V型 1920×1080 30万円前後 ブラック/ホワイト/レッド
LC-32DX1 32V型 1366×768 20万円前後 ブラック/ホワイト/レッド
LC-26DX1 26V型 1366×768 17万円前後 ブラック/ホワイト/レッド

 新製品はハイビジョン液晶テレビ“AQUOS”にBDレコーダーを内蔵。テレビ視聴からBDソフト視聴、BD録画までを1台でまかなえる。BD部の機能は全種共通で、録画については、MPEG-2のほかMPEG-4 AVC/H.264を利用しての長時間録画機能「5倍モード」も備えおり、5倍モード時には、2層BDディスクで最長約21時間40分、1層ディスクで最長約10時間50分の録画が行える。なお、HDDは非搭載となっている。

 録画可能なメディアはBD-R/RE(1層/2層、BD-R LTH含む)で、再生可能なディスクはBD(BD-ROM、BD-R/RE)、DVD(DVD-Video、DVD±R/RW、DVD-RAM)、CD(CD-DA、CD-R/RW)。DVD-RAMについては再生時にカートリッジを取り外す必要がある。ダビング10にて作製されたディスクも再生可能だが、本製品はHDDを搭載しないため、ダビング10のディスクを作製することはできない。

photophoto 向かって右側面に用意されたBDドライブ

 チューナーは全製品、3波対応デジタルチューナーを2基搭載しており、裏番組録画も行える。HDDを搭載しないためにレコーダーとしての機能はシンプルだが、再生可能なディスクをセットするだけで自動的に再生が開始される「一発再生」や、ディスク容量を確認しながら番組表録画が行える「一発予約」、ディスクをセットしてから3秒で録画開始される「瞬速録画」などの機能を備える。

 新たな操作インタフェース「モーションガイド」を備えており、ディスク読み込み時や操作時でも、テレビを途切れることなく楽しめる。PinPで録画中の裏番組を確認できる「録画モニター」機能も備えている。

photophoto 録画リストは番組表の左に表示される(写真=左)、ディスク容量不足の場合は予約リストの項目が黄色になる
photophoto 設置に際しては最低限、電源とアンテナを接続するのみ。配線が少ないため壁掛け時にもスッキリと配置できる

 液晶パネルは52V〜37V型がフルHDパネル、32V/26V型がハイビジョンパネルを搭載する。52V〜37V型が搭載する10ビットフルHDパネルは、シーンごとに輝度ヒストグラムを用いて映像を解析し、バックライトの輝度と液晶パネルの開口量を調整することで、テレビコントラスト(全黒/全白)比 15000:1を実現している。倍速駆動(120Hz駆動)機能も備える(32/26V型は非搭載)。

photo 52V型の「LC-52DX1」(ホワイト)

 一体型ながらインタフェースも豊富に備える。「AQUOSファミリンク」対応のHDMI入力×2のほか、D4入力×2、S2入力×1、D−Sub15ピン×1などを用意する。スピーカーはいずれもアンダータイプで、6.5センチ径の円形スピーカーと2センチ径ツィーターを搭載。側面にはバスレスポートも設けられている。52V/46V型はウーファーも内蔵する2.1ch構成となっている。

photo シャープ 代表取締役 取締役社長 片山幹雄氏

 リビング向けの大画面製品のみならず、寝室などでの利用にも適する中小型サイズまでを用意し、なおかつ、“BD時代のテレビデオ”的な利便性を付加することで、同社は新製品をBDをより身近に楽しめる製品として、年末商戦に向けて強く訴求していく考えだ。

 「(新製品は)AQUOSのメインとしてしていく製品と考えている。“AQUOSといえばBDがついている”というぐらい、この年末にはプッシュしていきたい」(同社 代表取締役 取締役社長 片山幹雄氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう