ニュース
» 2008年10月16日 16時50分 UPDATE

オーディオテクニカ、ファッションショー形式の新作ヘッドフォン発表会

オーディオテクニカは同社が秋冬商戦へ投入するヘッドフォンをはじめとする新製品の説明会を開催。数々の新製品を鮮やかにファッションショー形式で紹介した。

[ITmedia]

 オーディオテクニカは10月16日、同社が秋冬商戦へ投入する新製品の説明会を開催。数々の新製品を鮮やかにファッションショー形式で紹介した。

photo ヘッドフォンの新製品は、華やかにファッションショーのような形式で紹介された

 1962年に創業し、1978年にマイクロフォンを販売開始した同社は、今年でマイク発売30周年の節目を迎える。代表取締役社長の松下和雄氏は「当時は生録が流行したがじきに流行は廃れ、そこからマイクは業務向けにシフトしていったが、はじめの10年ほどはかなり苦労した」と当時を振り返える。しかし、いまでは同社製マイクは放送ならびにオーディオの業界に広く受け入れられ、今夏に行われた北京オリンピックでも広く利用された。

 来年3月には売り上げ300億を達成したいという、同社の目標の中でマイクなどと並んで大きな位置を占めるのがヘッドフォンとイヤフォン。ヘッドフォンでは、モニターヘッドフォンのフラグシップモデル「ATH-A2000X」や、漆塗りハウジングの高級ヘッドフォン「ATH-ESW10JPN」、専用設計ドライバーを備えたDJヘッドフォン「ATH-PRO700LTD」、限定生産のオープンダイナミック型ヘッドフォン「ATH-AD1000PRM」などを投入する。

photophotophoto モニターヘッドフォン「ATH-A2000X」と「ATX-A1000X」。2000Xはチタン、1000Xはアルミをハウジング素材に用いて軽快な装着感と高い音質を実現した。価格はATH-A2000Xが7万8750円、ATH-A1000Xが6万900円
photophotophoto ブラックチェリー削りだしハウジングに越前漆塗りを施した「ATH-ESW10JPN」。価格は6万900円
photophoto オープンエアー型の「ATH-AD1000PRM」。53ミリの大口径ドライバーを搭載し、1000台限定生産となっている。価格は6万900円
photophoto DJヘッドフォン「ATH-PRO700LTD」(写真=左)と「ATH-PRO700CWH」(写真=右)。こちらも「ATH-AD1000PRM」と同じく台数限定生産
photophoto
photophoto ブラウン/ブルー/ピンク/ホワイトと4色で展開される「ATH-FW5」。髪型が崩れにくいスリムなヘッドバンドを採用するのも特徴のひとつ。価格は6300円

 イヤフォンはカナル型が中心。6色のカラーバリエーションを用意する「ATH-CKM30」やトリプル・バランスド・アーマチェアドライバーを搭載する「ATH-CK100」などを投入する。注目なのは「ATH-CK100」。チタンハウジングの採用で、トリプル・バランスド・アーマチェアドライバーのタイプでは「世界最小サイズ」(同社)を実現した。重量は4グラム。出力音圧レベルは113dB/mWで、再生周波数帯域は20〜18000Hzとなっている。

photophotophoto 6色展開のカナル型イヤフォン「ATH-CKM30」。カラーはブラック/ブラウン/パープル/レッド/オレンジ/ホワイト。XSサイズのイヤーピースも付属する価格は3675円
photophotophoto トリプル・バランスド・アーマチェアドライバーを搭載する「ATH-CK100」。価格は5万6700円

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう